鈴鹿サーキットのグランドスタンドとホームストレート、2018年10月5日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

メルセデスが跳馬を圧倒、ホンダ勢はトラブル発生もポテンシャルの高さを誇示 / F1日本GP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

グランプリ初日を迎えた三重県鈴鹿サーキット。2018年F1日本GP金曜2回目のフリー走行が5日金曜14時から行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分28秒217を記録。2番手につけたチームメイトのバルテリ・ボッタスを0.461秒差で退け、FP1に続き最速を連取した。

スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ハミルトンに0.833秒もの大差をつけられ3番手止まり。キミ・ライコネンも1.3秒落ちの5番手に終わっており、メルセデスが圧倒的な優位性を築いて初日を締め括った形となった。

前途有望に思われたトロロッソ・ホンダ勢はマシンの不具合に足を取られた。ピエール・ガスリーはセッションの大半をガレージで過ごし、残り15分20秒でようやくコースイン。1度だけぶっつけ本番のアタックを敢行し1分30秒705の13番手タイムを記録。その後そのまま10周に渡って走行を続けチェッカーを受けた。

ガレージではエンジンカバーを開けての作業が行われていた事が確認されており、燃料周りに何某かのマシントラブルを抱えていたものとみられる。ブレンドン・ハートレーの方は不具合なくセッションをこなし27周を走破。ガスリーを0.293秒上回り10番手タイムでマシンを降りた。

1台がトラブルに見舞われた事で、ロングランを含め予め予定されていたプログラムを消化する事が出来ず仕舞いに終わった点はかなりの痛手。だが、燃料を積んだガスリーがぶっつけ本番で13番手に入れ込むあたり、スペック3の性能は想像以上のポテンシャルを秘めているようだ。

午前のFP1の終盤から天候が回復傾向となり、午後の現地鈴鹿上空は時折日差しが刺す状況となった。セッション中の降水確率もFP1では40%あったもののFP2では20%に低下。予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温24℃、路面31℃のドライコンディションでスタートした。

跳馬が煮えきれない一方で、赤牛が印象的なパフォーマンスを示した。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンはベッテルにコンマ2秒と健闘し4番手。ダニエル・リカルドは5番手キミ・ライコネンに1000分の15秒に喰らいついた。

ミッドフィールド最速争いは今回もハースとフォース・インディアか。エステバン・オコン(Force India)がまたも7番手でBリーグを制覇。ロマン・グロージャン(Haas)が0.4秒遅れて8番手に続いた。

午前のFP1で初走行のシャルル・ルクレールに遅れたマーカス・エリクソンは、2009年の全日本F3王者の底意地を見せ1分30秒478で9番手タイムをマーク。ルクレールを15番手に抑えた。マクラーレン勢はランド・ノリスに代えてストフェル・バンドーンがMCL33に復帰。17番手フェルナンド・アロンソに1秒近く引き離され最下位に終わった。

F1日本グランプリ3回目のフリー走行は、10月6日(土)12時から、公式予選は同15時から鈴鹿サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:28.217 31
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:28.678 +0.461 30
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:29.050 +0.833 36
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:29.257 +1.040 32
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:29.498 +1.281 33
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:29.513 +1.296 27
7 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:30.035 +1.818 32
8 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:30.440 +2.223 32
9 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:30.478 +2.261 33
10 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:30.502 +2.285 27
11 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:30.510 +2.293 28
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:30.644 +2.427 36
13 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:30.795 +2.578 10
14 55 カルロス・サインツ ルノー 1:30.904 +2.687 31
15 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:30.906 +2.689 26
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:30.956 +2.739 25
17 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:30.988 +2.771 34
18 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:31.087 +2.870 39
19 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:31.215 +2.998 32
20 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:31.981 +3.764 32

コンディション

天気
曇り
気温
24℃
路面温度
31℃

レース概要

グランプリ名
日本GP
レース種別
フリー走行2
レース開始日時
サーキット名
鈴鹿サーキット
サーキット設立
1962年
コース全長
5807m
コーナー数
18
周回数
53周
周回方向
時計回り

F1日本GP特集