鈴鹿サーキットの観覧車を背景にトラックを走るトロロッソ・ホンダcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ハミルトンが最速発進、新型PU投入のホンダ勢も”期待大”の好スタート / F1日本GP《FP1》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

シーズン17戦目となるF1日本GPが10月5日に三重県鈴鹿サーキットで開幕を迎え、午前10時から金曜1回目のフリー走行が行われた。グランプリ一発目のセッションを制したのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトン。中間コンパウンドのソフトタイヤを履き、1分28秒691のトップタイムを記録した。

2番手にはハミルトンから遅れる事0.446秒でチームメイトのバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2スタート。3番手には同0.682秒差でレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが続いた。

台風25号の影響でどんよりとした曇り空に覆われた金曜午前の現地鈴鹿。懸念されていた本格的な降雨はなく、セッションは気温22℃、路面温度25℃のドライコンディションでスタート。路面の所々にウェットパッチが残っており、セルジオ・ペレスやセルゲイ・シロトキン等、数多くのマシンが足元をすくわれた。

公式タイヤサプライヤーのピレリはタイヤへの負荷が高い鈴鹿に、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類のコンパウンドを投入。マクラーレン勢とメルセデス勢、そしてトロロッソ・ホンダ勢は最も柔らかい赤スーパーソフトを履かないままにセッションを終えた。

スクーデリア・フェラーリはキミ・ライコネンが4番手、セバスチャン・ベッテルが5番手タイムで終了。スーパーソフトでのタイム計測にも関わらず、ハミルトンとのタイム差はほぼ1秒。控えめに言ってもかなり厳しい週末の出だしとなった。

トロロッソ・ホンダ勢はコンマ5秒のゲインがあるとされる最新版スペック3エンジンを投入。メルセデス同様にソフトでの計測に留まったもののピエール・ガスリーが11番手、ブレンドン・ハートレーは17番手と上々のスタートを切った。

ミッドフィールド最速を記録したエステバン・オコン(Force India)とガスリーとのギャップは0.482秒。SSタイヤを履いてのタイム計測であれば、肉薄するタップタイムを刻んでいた可能性がある。FP2以降のセッションに向けて期待の持てる結果となった。

ガスリーはセッション中盤、最終日立オートモティブシステムズシケイン手前を低速で走行していた所、130Rを全開で抜けてきたハミルトンと交錯。接触は免れたものの審議の対象となっている。

マクラーレン勢はストフェル・バンドーンに代えてランド・ノリスを起用。周回数を稼ぐ事に集中し1分32秒682で20番手最下位。18番手につけたフェルナンド・アロンソとのギャップは0.649秒と大きく開いた。アロンソはデグナーの1個目の侵入の際にバランスを崩しそのままグラベルへ。危うくマシンを破損しかねないシーンもあった。

鈴鹿初走行のシャルル・ルクレール(Sauber)は、鈴鹿を知り尽くすチームメイトのマーカス・エリクソンを10番手に従える9番手タイムを記録。適応力の高さを見せつけた。

2018年F1第17戦日本グランプリ2回目のフリー走行は、10月5日(金)14時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:28.691 25
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:29.137 +0.446 26
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:29.373 +0.682 32
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:29.627 +0.936 20
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:29.685 +0.994 20
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:29.841 +1.150 30
7 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:30.591 +1.900 28
8 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:30.814 +2.123 22
9 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:30.929 +2.238 27
10 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:31.073 +2.382 29
11 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:31.073 +2.382 20
12 55 カルロス・サインツ ルノー 1:31.100 +2.409 23
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:31.272 +2.581 29
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:31.274 +2.583 28
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:31.418 +2.727 18
16 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:31.508 +2.817 27
17 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:31.908 +3.217 23
18 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:32.034 +3.343 21
19 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:32.513 +3.822 26
20 47 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:32.683 +3.992 30

コンディション

天気
曇り
気温
22℃
路面温度
25℃

レース概要

グランプリ名
日本GP
レース種別
フリー走行1
レース開始日時
サーキット名
鈴鹿サーキット
サーキット設立
1962年
コース全長
5807m
コーナー数
18
周回数
53周
周回方向
時計回り

F1日本GP特集