マクラーレン責任者「アロンソもバンドーンもマシンに比較的満足している」F1日本GP 2017《初日》copyright mclaren.com

マクラーレン責任者「アロンソもバンドーンもマシンに比較的満足している」F1日本GP 2017《初日》

  • 公開日時:

フェルナンド・アロンソが12番手、ストフェル・バンドーン10番手となった日本グランプリ初日練習走行。マクラーレンの責任者であるエリック・ブーリエは「二人のドライバーは比較的マシンに満足している」と語り、一定の手応えを得ていることを明らかにした。

鈴鹿はエンジンパワーとマシンバランスの両方が高いレベルで要求され、エンジニアリング的にも極めて難しいサーキットと言われる。ホンダもマクラーレンも、最後の母国レースでの苦戦を予想している。

マクラーレン:F1日本GP初日を終えて

エリック・ブーリエレーシングディレクター

今日の鈴鹿は天気が悪化傾向にありました。午後のFP2は大雨のために全く走る事が出来ませんでした。とは言え、幾らかは走行できたためシステムチェックを行う事は出来ました。ライバル勢と同様に、明日はやるべきことがたくさんあります。

ドライとなったFP1セッションでは、どちらのドライバーも比較的マシンに満足していましたが、明日の予選に向けて改善すべきいくつかの欠点も明るみにでました。そうは言っても、手堅い形で週末をスタートすることが出来たと思っています。


2017年第16戦F1日本GP三回目のフリー走行は、10月7日(金)12時から、予選は同日15時から三重県鈴鹿サーキットで行われる。

F1日本GP特集