ミルクファイトを楽しむメイヤーシャンクのエリオ・カストロネベス、2021年5月30日第105回インディ500決勝にてCourtesy Of Indycar

インディ500決勝:46歳カストロネベスが歴史的4勝目、佐藤琢磨は”不服”の黄旗戦略で「優勝争い」逃す

  • Published:

2021年第105回インディ500決勝がNTTインディカー・シリーズ第6戦として米国現地5月30日(日)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)で行われ、エリオ・カストロネベス(メイヤー・シャンク・レーシング)がキャリア通算4度目の制覇を成し遂げた。

2001-02年と09年のインディ500ウィナーはスポット参戦となった本大会で60号車ダラーラ・ホンダを駆り、200周のレースの最終盤にアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)との壮絶なバトルを繰り広げた。

”500”の勝ち方を知る46歳のブラジル人ドライバーは、残り2周のターン1でアウト側から24歳のスペイン人を交わしてトップに。ファイナルラップで周回遅れに追い付くと、ダーティーエアーを味方に付けてパロウのオーバーテイクチャンスを封じ、0.4928秒差でトップチェッカーを受けた。

インディ500での通算4勝は、A.J.フォイト、アル・アンサー、リック・メアーズに続く史上4人目の快挙で、会場に詰めかけた13万5千人の観客は歴史的優勝に大喝采を浴びせた。カストロネベスは恒例のフェンス登りをした後、フロントストレッチを駆け足で回ってその声援に応えた。メイヤー・シャンクにとっては初のインディ500勝利となった。

また46歳20日でのインディ500勝利は、1987年のアル・アンサー(当時47歳)、1981年のボビー・アンサー(47歳)、1993年のエマーソン・フィッティパルディ(46歳)に次ぐ史上4番目の年長記録となった。

トップ5は、3位に26番グリッドからの大躍進を果たしたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)、4位にパトリシオ・オワード(マクラーレンSP)、そして5位に1回目のピットストップでエンジンストールに見舞われながらも驚異的な追い上げを見せたエド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)という結果となった。

通算4度目のインディ500に歓喜するメイヤーシャンクのエリオ・カストロネベス、2021年5月30日Courtesy Of Indycar

通算4度目のインディ500に歓喜するカストロネベス、2021年5月30日

なおインディ500ルーキー・オブ・ザ・イヤーは、20位完走を果たしたスコット・マクラフリン(チーム・ペンスキー)が獲得した。

連覇狙った佐藤琢磨、不満の戦略で14位

恒例のドライバー紹介で一際大きい歓声を浴びた佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、2001-02年のカストロネベス以来の連覇、通算3勝目を目指して15番グリッドからスタートした。

燃費走行を中心とした戦略をベースに、混乱を味方につけながら徐々にポジションを挙げていくと、151周目に暫定首位のオワードがピットに入った事で本大会初のラップリーダーに躍り出た。

クリーンエアーを追い風に好ペースを刻み続けた佐藤琢磨は、上位勢としては誰よりも燃費を稼ぎ、残り43周でピットイン。事実上の5番手でコースに復帰するも、順当な1ストップではなく黄旗狙いのノーストップ戦略に打って出た事で再び燃費走行へとチェンジ。一気に20番手近くにまで後退した。

他車が最後のピットストップに動いた事で残り7周でトップに立つも、頼みの綱のイエローは出ず、燃料が持たなかった事から再度のピットストップを強いられ最終14位でフィニッシュした。

レースを終えた佐藤琢磨は開口一番「やりたくはなかった」と語った。本人はオーソドックスな1ストップ戦略での最終真っ向勝負を望んでいたものの、チーム側の意向で不本意な”奇をてらうストラテジー”を採用した事を明かした。

結果として優勝に届いたかどうかは分からないとしながらも、温存していた新品タイヤを使っての最後にもう一度ピットストップに動けば「優勝争いの一角には食い込めたのではないか」と語る佐藤琢磨は、14位という結果、そして最後にガチンコ勝負に挑めなかった事を「とても悔しい」と表現し、「完全に負けた」と失望をあらわにした。

その一方で、アンドレッティ・オートスポーツ所属時代の2017年に熾烈な優勝争いを繰り広げた戦友カストロネベスの優勝については「心から祝福したい」と笑顔を見せた。

ポールポジションからスタートしたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は序盤のイエローコーション下で燃料切れの不運に見舞われ、緊急ピットインを行なうもエンジンが再点火しないトラブルに襲われた。

開始早々に1ラップダウンと戦線離脱を強いられたが、巧みな戦略と狙い定めた好走で17位フィニッシュした。

この結果、ディクソンが保持していたポイントリーダーの座は2位フィニッシュのパロウに渡った。

レース概要

雲一つない快晴の中、1.5マイルのオーバルコースを200周、距離にして500マイル(約800km)で争う伝統の一戦は、路面温度34℃というドライコンディションでグリーンフラッグを迎えた。

32番グリッドのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)はスタート前にトラブルを抱えるアクシデントがあったが、幸いにも遅れてパレードラップに参加する事となり、残りの32台と同時にスタートしたが、戦いに加わる事はなく完走最下位となる30位でクルマを降りた。

2021年5月30日第105回インディ500決勝スタート直後の様子Courtesy Of Indycar

第105回インディ500決勝スタート直後の様子

オープニングラップではコルトン・ハータ(アンドレッティ)がディクソンをオーバーテイク。すると3周目にリーナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター)がハータを抜き去りトップに浮上。早々に激しいトップ争いが繰り広げられた。佐藤琢磨は2ポジションアップの13番手に浮上した。

燃費的に厳しいラップリーダーのヴィーケイはいち早く32周目にピットイン。バイブレーションを抱えたライアン・ハンター=レイ(アンドレッティ)も同じ周にピットに向かった。悲願の初優勝を目指すカーペンターは、ピットアウトの際にエンジンストールに見舞われ大きくポジションを落とした。

34周目にハータがピットインすると、その直後にステファン・ウィルソン(アンドレッティ)がピットレーンで単独クラッシュを喫し、1回目のイエローコーションが出された。ウィルソンはリタイア第一号となった。

このアクシデントが2台のホンダを悪夢に陥れた。

黄旗によってピットクローズとなる中、ディクソンとアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ)が燃料切れとなり、特例を使ってピットで2秒のスプラッシュ補給を行ったものの、タンクが空になったことでエンジンが再点火せず大きくタイムロス。1周遅れと戦線離脱を強いられた。なお佐藤琢磨はこの混乱を味方につけ、8番手に大きくジャンプアップを果たした。

2021年5月30日第105回インディ500決勝レースの様子Courtesy Of Indycar

2021年5月30日第105回インディ500決勝レースの様子

レースはハータを先頭に、ヴィーケイ、コーナー・デイリー(エド・カーペンター)の並びで47周目にリスタートを迎えた。佐藤琢磨は一気に2台を抜き去り6番手に浮上。パロウを追う立場につけた。

2回目のピットストップの先陣を切ったのは2番手を走行していたヴィーケイ。69周目にピットに入った。トップを牽引するハータとカストロネベスは79周目にピットイン。佐藤琢磨は81周目にピットに入り、実質的にポジションを2つ落とした。

2度目のイエローコーションはレース半分を消化して間もなく訪れた。

佐藤琢磨が118周目にピットストップを行い9番手でコースに復帰した直後、同じくピットに入った僚友グレアム・レイホールがコース復帰の際に左リアホイールの脱落に見舞われ、アウト側のセーファーバリアに激突した。取り付けが甘かったためと見られる。

悪いことに転がるホイールにデイリーが衝突。ノーズを破損した。この黄旗によりディクソンは見事ラップバックを果たした。

隊列はパロウを先頭にカストロネベス、オワードの並びとなり、佐藤琢磨は7番手で126周目にリスタートを迎えた。黄旗の影響で燃費走行の必要性が消滅。各車コース上で激しいバトルを演じ始めた。

151周目、暫定首位のオワードがピットに入ったことで佐藤琢磨が本大会初のラップリーダーに躍り出た。このタイミングでパワーがピットレーンでスピンを喫するアクシデントが発生したがコーションとはならなかった。

クリーンエアーを追い風に好ペースを刻み続けた佐藤琢磨は、上位勢としては誰よりも燃費を稼ぎ、残り43周でピットイン。事実上の5番手でコースに復帰するも、黄旗狙いの残り奇策に出た事で再び燃費走行を強いられ、後続車に次々と抜かれていった。

残り30周を切ると各車続々最後のピットインに動き始めたが、佐藤琢磨とフェリックス・ローゼンクビスト(マクラーレンSP)は奇跡を願いステイアウトした。

残り7周というところでローゼンクビストが堪らずピットイン。これによって佐藤琢磨が再びラップリーダーに躍り出るも、燃料が足らず残り6周でピットに入り2連覇の望みが絶たれた。

最終盤は、真っ向勝負を繰り広げるカストロネベス対パロウの一騎打ちとなった。カストロネベスは残り2周のターン1でトップに浮上。ファイナルラップに入ると周回遅れに追い付き、パロウの追い抜きのチャンスは絶たれた。

リタイヤは3台。唯一の女性ドライバーであるシモーナ・デ・シルベストロ(パレッタ・オートスポーツ)、レイホール、そしてウィルソンがチェッカーを受ける事なくレースを終えた。いずれも接触事故によるものだった。

NHK、インディ500を31日に放送

2021年インディ500決勝順位結果

Pos. Start Driver Gap
1 8 エリオ・カストロネベス
Meyer Shank
–.—-
2 6 アレックス・パロウ
Chip Ganassi
0.4928
3 26 シモン・パジェノー
Team Penske
0.5626
4 12 パトリシオ・オワード
McLaren SP
0.9409
5 4 エド・カーペンター
Ed Carpenter
1.2424
6 23 サンティノ・フェルッチ
RLL Racing
9.0876
7 31 セージ・カラム
Dreyer & Reinbold
13.4359
8 3 リーナス・ヴィーケイ
Ed Carpenter
14.2415
9 24 ファン・パブロ・モントーヤ
McLaren SP
14.8808
10 5 トニー・カナーン
Chip Ganassi
15.4428
11 9 マーカス・エリクソン
Chip Ganassi
16.5166
12 21 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
22.3045
13 19 コナー・デイリー
Ed Carpenter
22.6921
14 15 佐藤琢磨
RLL Racing
23.2955
15 22 JR.ヒルデブランド
A.J. Foyt
23.5277
16 2 コルトン・ハータ
Andretti
28.8029
17 1 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
38.6410
18 20 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank
40.1572
19 25 マルコ・アンドレッティ
Andretti
40.3591
20 17 スコット・マクラフラン
Team Penske
40.8337
21 16 ジェームズ・ヒンチクリフ
Andretti
40.8464
22 7 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
41.5762
23 30 ダルトン・ケレット
A.J. Foyt
1 lap
24 29 マックス・チルトン
Carlin
1 lap
25 13 ピエトロ・フィッティパルディ
Dale Coyne
1 lap
26 27 セバスチャン・ブルデー
A.J. Foyt
1 lap
27 14 フェリックス・ローゼンクビスト
McLaren SP
1 lap
28 11 エド・ジョーンズ
Dale Coyne
1 lap
29 10 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
2 lap
30 32 ウィル・パワー
Team Penske
3 lap
31 33 シモーナ・デ・シルベストロ
Paretta Autosport
31 lap
32 18 グレアム・レイホール
RLL Racing
82 lap
33 28 ステファン・ウィルソン
Andretti
168 lap

第6戦インディ500終了時点でのポイントランキング

インディ500出走組を対象とする。

Pos. Driver Pts. Total Gap
1 アレックス・パロウ
Chip Ganassi
85 248 0
2 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
36 212 -36
3 パトリシオ・オワード
McLaren SP
65 211 -37
4 シモン・パジェノー
Team Penske
71 201 -47
5 リーナス・ヴィーケイ
Ed Carpenter
56 191 -57
6 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
36 184 -64
7 コルトン・ハータ
Andretti
37 154 -94
8 グレアム・レイホール
RLL Racing
11 148 -100
9 スコット・マクラフラン
Team Penske
20 143 -105
10 マーカス・エリクソン
Chip Ganassi
39 138 -110
11 佐藤琢磨
RLL Racing
33 131 -117
12 ウィル・パワー
Team Penske
10 128 -120
13 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank
24 121 -127
14 エリオ・カストロネベス
Meyer Shank
103 103 -145
15 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
10 101 -147
16 エド・カーペンター
Ed Carpenter
66 99 -149
17 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
19 94 -154
18 セバスチャン・ブルデー
A.J. Foyt
10 89 -159
19 コナー・デイリー
Ed Carpenter
37 85 -163
20 フェリックス・ローゼンクビスト
McLaren SP
11 82 -166
22 トニー・カナーン
Chip Ganassi
45 79 -169
23 エド・ジョーンズ
Dale Coyne
10 77 -171
24 ジェームズ・ヒンチクリフ
Andretti
18 74 -174
25 ダルトン・ケレット
A.J. Foyt
14 62 -186
26 サンティノ・フェルッチ
RLL Racing
57 57 -191
27 セージ・カラム
Dreyer & Reinbold
53 53 -195
28 ファン・パブロ・モントーヤ
McLaren SP
44 53 -195
29 ピエトロ・フィッティパルディ
Dale Coyne
10 34 -214
30 JR.ヒルデブランド
A.J. Foyt
30 30 -218
31 マックス・チルトン
Carlin
12 28 -220
33 マルコ・アンドレッティ
Andretti
22 22 -226
34 シモーナ・デ・シルベストロ
Paretta Autosport
10 10 -238