トロント市街地コースを走行するレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨copyright Indycar

Indycar 第11戦トロント予選:パジェノーが通算12回目のポール、佐藤琢磨は10番手

  • 最終更新:

2019年インディカー第11戦トロントの公式予選が、現地7月13日(土)にカナダ・オンタリオ湖畔に位置する全長1.786マイルの市街地コースで行われ、チーム・ペンスキーのシモン・パジェノーが58秒4293をマーク。キャリア通算12回目のポールポジションを獲得した。

フロントロウ2番グリッドは、昨年勝者であるチップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソン。3番手にはディクソンのチームメイト、フェリックス・ローゼンクヴィストが続いた。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨は10番手という結果となった。

インディカー・シリーズ、トロント市街地コース

「本当に素晴らしい一日だった」とパジェノー。「今週末はこれまでのところ最高だ。トロントでの週末としては過去最高に楽しいし、クルマは本当に素晴らしかった。シボレーは今週末、エンジンに少しばかりのアップデートを用意してくれた。馬力向上がポールを後押ししてくれたけど、全てのコーナをまとめ上げる事も重要だった」

佐藤琢磨は他の多くのドライバー達と同様に、初日プラクティスに鬼門のターン11でクラッシュ。厳しい週末を強いられていたが、ファスト6は逃したものの、チームメイトのグラハム・レイホールを12番手に従え、トップ10圏内に入れ込んだ。

「予選の最終セグメントに進む事ができずガッカリしているのは確かですが、今日の我々にはそれだけの力が足りていませんでした」と佐藤琢磨。「2回目のプラクティスで問題があったことを考えると、トップ10に入れてホッとしている部分もありますが、レースに向けてセットアップを突き詰める必要があります」

「このコースは例年エキサイティングで予測不可能なレースを演出してきました。決勝では最適な戦略を練った上で、オーバーテイクしてポジションを巻き返せるだけの十分な速さがある事を祈っています」

決勝レースは、日本時間7月14日(日)深夜4時よりGAORA SPORTSで生中継される。視聴には、スカパーひかりTVとの契約が必要となる。

インディカー第11戦トロント予選順位結果

Pos. Driver Time Session
1 シモン・パジェノー
Team Penske
58.4293 Fast Six
2 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
58.5948 Fast Six
3 フェリックス・ローゼンクビスト
Chip Ganassi
58.6793 Fast Six
4 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
58.9215 Fast Six
5 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
59.3103 Fast Six
6 エド・ジョーンズ
Ed Carpenter
59.5353 Fast Six
7 マルコ・アンドレッティ
Andretti
58.7663 Round 2
8 セバスチャン・ブルデー
Dale Coyne
58.7781 Round 2
9 スペンサー・ピゴット
Ed Carpenter
58.8221 Round 2
10 佐藤琢磨
Rahal
58.9110 Round 2
11 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
59.0444 Round 2
12 グラハム・レイホール
Rahal
59.0985 Round 2
13 マックス・チルトン
Carlin
59.4811 Round 1-1
14 ジェームズ・ヒンチクリフ
Schmidt Peterson
58.9293 Round 1-2
15 ウィル・パワー
Team Penske
59.5508 Round 1-1
16 コルトン・ハータ
Harding Steinbrenner
59.0549 Round 1-2
17 サンティノ・フェルッチ
Dale Coyne
59.9761 Round 1-1
18 ザック・ビーチ
Andretti
59.2890 Round 1-2
19 マテウス・レイスト
AJ Foyt
01:00.1853 Round 1-1
20 マーカス・エリクソン
Schmidt Peterson
59.6299 Round 1-2
21 セージ・カラム
Dreyer & Reinbold
01:01.1134 Round 1-1
22 トニー・カナーン
AJ Foyt
59.7317 Round 1-2