F1ドイツGPでの3位表彰台に歓喜するダニール・クビアトとスクーデリア・トロロッソの面々copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソと苦楽を共にしてきたホンダF1本橋CE「格別な想い…忘れられないレースになった」

  • Published:

マックス・フェルスタッペンの今季2勝目もさることながら、スクーデリア・トロロッソ担当の本橋正充 Honda F1 チーフエンジニアにとっては、ダニール・クビアトの3位表彰台には感慨深い想いがあったようだ。

「いままでトロロッソと一緒にたくさん苦労してきましたし、格別な想いです」と本橋チーフエンジニア。「ここのところ調子があまり上がらない状況が続いており、今日も本当に難しいレースになりましたが、そんな中、すべてが上手く噛み合ったと思います」

トロ・ロッソのエンジニアと話し合うホンダF1の副テクニカルディレクターを務める本橋正充、F1バーレーンテスト
© Honda、トロロッソのエンジニアと話し合う本橋正充チーフエンジニア

クビアトにとっては復帰後初表彰台。トロロッソにとっては、2008年の雨のモンツァで、デビューしたばかりのセバスチャン・ベッテルが優勝した時以来の表彰台。チーム史上2回目の快挙だった。

ホンダとの提携初年度となった昨年のバーレーンGPでは、ピエール・ガスリーがポディウムまで後一歩と迫ったもののその後は停滞。ファエンツァのチームは浮き沈みの激しいレースに耐えてきた。

「昨年も4位入賞はあったのですが、いつもあと一歩のところで上手くいかないレースも多かったです」と本橋チーフエンジニアは語る。

「そんな中、今日は本当に『やりきった』と言う手応えを感じられましたし、忘れられないレースになりました。チーム、ドライバー、そしてすべての Honda F1のメンバーの努力に感謝しています。ここまで応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます」

F1ドイツGP特集