F1プレシーズンテスト2日目に会見に臨むアルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソ、2021年3月13日Courtesy Of Alpine Racing

F1復帰は余興のために非ず…フェルナンド・アロンソ、ハミルトンやフェルスタッペンより「自身の方が上」

  • Published: Updated:

3年ぶりにF1にカムバックするフェルナンド・アロンソは何も余興としてレースをするわけではない。2度のF1ワールドチャンピオンはルノーからアルピーヌへとリブランドされた古巣チームと共に3度目のタイトル獲得を目指している。

今季グリッドの10%はその父親がアロンソと共にF1でレースをした事があるドライバーであり、アロンソがタイトルを懸けて争っていた当時とはドライバーの顔ぶれも大きく変わったものの、競争の激しさという観点で言えば昔と何も変わらない。

BBCスポーツに出演したアロンソは「ジュニアカテゴリで素晴らしいパフォーマンスを発揮してきた才能ある若手とのバトルが楽しみだよ」と述べ、強力なライバル達との闘いへの期待感を示した。

「それにルイス(ハミルトン)やセバスチャン(ベッテル)、キミ(ライコネン)、そして数年前に台頭してきた若手の一人(マックス)フェルスタッペンなど、何人もの偉大なチャンピオン達もいる」

「本当にコンペティティブなラインナップだ。彼らとのレースは大きなチャレンジだよ」

アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコン、2021年3月12日バーレーンテストにてCourtesy Of Alpine Racing

アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコン、2021年3月12日バーレーンテストにて

F1での更なる勝ち星が望めないと判断したアロンソは2018年末を以てF1を去り、インディ500とル・マン24時間レースでの優勝を目標に世界3大レース全制覇の旅へと向かった。

そんな”アロンソ後”のF1では、常にハミルトンとフェルスタッペンの2名がグリッド最速最強のドライバーと位置づけられてきた。ブランクは2年。先に挙げたトップランナー達に並ぶ事ができるかと問われたアロンソは、一瞬の間をおいて「僕の方が上さ」と答えた。

2021年シーズンのF1はハミルトンとフェルスタッペンの一騎打ちになるとの予想が大勢を占める。今年36歳となった英国人ドライバーはミハエル・シューマッハを超える8度目のワールドタイトルを目指す。一方の23歳のオランダ人ドライバーは初の栄冠に向けてレッドブル・ホンダと共にグリッドに付く。

アロンソが復帰初年度の選手権争いに絡む事を期待するのは難しいが、F1は今季の予算上限ルール導入に加えて、2022年に大規模なレギュレーション変更を計画しており、来年は”地殻変動”が期待されている。

各チーム間競争力が現在より接近する事が予想され、ドライバーの腕、能力がより重視される。アロンソは2022年以降に大きな期待を抱いている。

「僕がF1に戻ってきたのはレースで勝ち、チャンピオンシップを制するためだ」とアロンソは語る。

「今季に関してはレギュレーションに若干の変更はあるものの基本的には昨年と同じだから奇跡は望めない。だが新しい規約が導入される2022年はチャンスだと思っている。少しはグリッドに変化が起きるはずだ」

「僕らは誰もが驚くようなチームになりたいと思っている。そのためには今年も手を抜かずに全力で仕事に取り組まなきゃならない」