F1ブラジルGP2016《決勝》全ドライバーコメントcopyright formula1-data.com

F1ブラジルGP2016《決勝》全ドライバーコメント

  • 最終更新:

2016年、インテルラゴス・サーキットで開催されたブラジルGP決勝レース。各チームのドライバー、チーム代表のコメントを以下にまとめた。決勝順位・ダイジェスト・Top3インタビューなどの詳細なデータについては、2016年F1ブラジルGP決勝レース結果をご参照あれ。

メルセデス

ルイス・ハミルトン
1位


「ブラジルグランプリで初めて優勝したよ!1991年アイルトン・セナがブラジルで優勝したのをテレビで見ていたとき”いつか僕もここで優勝したい”と思ったんだ。あの時彼に共感した。そして今は彼があの時どんな気持ちだったかはっきりとわかるよ。ブラジルグランプリ開催44回目っていうのも僕にとってはすごく特別だね。(ハミルトンのカーナンバーは44)チェッカーフラッグを受けてセナコーナー(エス・ド・セナ)の前の観衆。。僕はあの瞬間のことを決して忘れないだろう。本当に信じられないよここまで来れるなんて。これまでここで勝つのはすごく難しかったのに今日はあっさり勝つことができたんだ。クレイジーだよね。もちろんこのコンディションだったからミスを冒しても不思議ではなかったよ。でも今日僕はとてもリラックスできていたし、完全にコントロールできている感覚だったんだ。」

「雨のレースは大好きだよ。イギリスでレースをしていた子供の時からね。冷静でいろ、ミスをするな、いい反応をしていい位置で車を走らせるんだって心の中で唱えていたよ。すごく集中して走ることができたんだ。同じタイヤ(ウエットタイヤ)でずっと走っていた。問題はなかったし車は素晴らしかったよ。」

「すべての人、こんな素晴らしい車を僕らにくれたファクトリーの人たちに心からお礼を言いたいよ。この結果は彼らによるものだから。戦いを重ねる毎に僕らは新しい歴史を作っていく、最高のスタッフ、最高の車、こんなところ他にないよ!その一員であることを誇りに思っているよ。最終レース、ここ何レースかと同じように集中して戦うよ。優勝できれば今年のレースはやり切ったって感じることができるだろうね。」

ニコ・ロズベルグ
2位


「今日のコンディションは本当にトリッキーだったよ。丘を登った所(最終コーナのあたり)はアクアプレーニングが酷くて多くのドライバーがスリップしていたね。僕も一瞬スピンしかけたけどスピードが出てなかったからなんとか持ちこたえたよ。」

「今日のルイスはいい仕事をしたから優勝に値するよ。僕は2位でよかったって思わないと。マックスもいい仕事をしたよね。レッドブルが雨ですごく強いのは知ってたけど彼は素晴らしいレースをしたね。」

「タイヤ交換せずウエットタイヤのまま走り続けるという正しい選択をしてくれたチームにお礼を言いたよ。今はもうアブダビに向いているんだ。去年優勝したいい思い出があるところだね。アブダビで優勝するために全力でいくよ。」

マクラーレン・ホンダ

フェルナンド・アロンソ
10位

「もう少し上を狙ってたよ。10番手スタートの10位フィニッシュ。僕の前にいたマシンの幾つかはリタイヤしてるしね。チャンスを掴めなかったんだ。今日は本当に難しいコンディションだった。マシンをコース上に留めるには十分だったけど、前がほとんど見えないし、サーキットの排水性は良くはなかった。アクアプレーニングのせいでマシンをハードにプッシュできず前とのギャップを縮めることができなかった。最後に1ポイント稼ぐことができたけど、アブダビでは今シーズン最高の順位でゴールしたいね。」

ジェンソン・バトン
16位

「ファクトリーに戻ってマシンの何が良くなかったのかを調べる必要があるよ。金曜のフリー走行では本当に上手くいっていたんだ。マシンに満足していたし、高速コーナーではリアが力強かった。昨日は上手くいかなかったし、今日はコンディションの面で本当に酷いものだった。再スタートに関しては、何が正しくて何が間違っているのかを判断するに難しい状況だったけど、誰も怪我をすることがなかった。これが何よりも大事なことだ。」

「このようなコンディションで最下位に終わってしまうのは僕にとっては普通のことじゃないよ。何かがおかしかったんだろうと思っている。ウェットレースではどうやってドライブすればいいか忘れたわけじゃないよ。。」

長谷川祐介
ホンダF1リーダー

「一日中降り続いた雨のために、今シーズンこれまでで最も厳しいサバイバルレースになりました。フェルナンドは最後のセーフティーカー離脱時に運悪くスピンしてしまいグリット最後方近くまで順位を落としてしまいました。しかし、その後素晴らしい攻めの姿勢で10位でゴールしポイントを稼いでくれました。」

「ジェンソンは昨日、路面状況の優れない中でマシンバランスに苦しみ続けていましたが、決勝レースでもこれを改善することができませんでした。レース結果はさておき私は、今日全てのドライバーが見せた勇気とドライビングテクニックに心底圧倒されています。ドキドキハラハラのレースでした。」

レッドブル

マックス・フェルスタッペン
3位


「今日を一言で表すなら”エキサイティング”だね!3コーナーでニコを抜いたときは本当に楽しかったよ。アウト側の方がグリップを感じられたんだ。そしてルイスを追っていったんだけど、最終セクターでのやばい瞬間!(皆がクラッシュしていた場所でクラッシュしかけた)ガードレールに当たらなくてラッキーだったよ。その後もペースは良くて2位をキープできたんだけど次第にリアタイヤのグリップがなくなってきて、ダニエルがインターミディエイトに履き替えて速かったから僕も変えることにしたんだ。何周かはよかったんだけど、雨がまた強くなってからは最終セクターではほとんど何もできなかったよ。そのままではどうしようもなかったからウエットタイヤに履き替えたんだ。」

「そこからのレースは本当に楽しかった!アウト側からたくさん追い抜いたんだ。車の真後ろについてしまうと水しぶきで前が見えないから前の車とは違うラインを見つけなければならなかったんだけどね。レースが終わるまで追い抜き続けたよ。チェッカーフラッグを受けたときには観衆の声援がすごくなるのが聞こえたんだ。僕を応援してくれたブラジルのファンにお礼を言いたい。ゴールしたときはまるで優勝したかのような気分だったね。バルセロナで初優勝を飾ったときのようだったよ。」

ダニエル・リカルド
8位


「フラストレーションの溜まるレースだったね。こんなに戦略が良くない方向にいくこともないよ。セーフティーカー赤旗になる度にタイヤ交換をしたんだけど、うまくその後を見通せなくてポジションを下げてしまったんだ。」

「本当に大変だったのは僕の視界だったんだよ。バイザーが曇りっぱなしで苦労していたんだ。今までにこんなことなかったんだけどね。車は8位よりももっと上に行ける力があったから屈辱だよ。周りに車がいないときは速かったんだからさ。だって僕の前でキミがクラッシュしたのが見えなかったんだよ!赤旗でピットに戻ってリプレイ映像をみるまでキミがクラッシュしたのを知らなかったんだ。あの赤旗は正しい判断だったね。レースができて、ちゃんとフィニッシュできて嬉しいよ。何人かクラッシュしたけど大事に至らなくて良かった。ファンにとっても長いレースだったけど観戦し続けてくれたことにお礼を言いたいよ。」

フェラーリ

セバスチャン・ベッテル
5位


「今日は理想的な日ではなかったね。最初の中断の前に何度かコントロールを失いかけたんだけど僕だけではなかったよね。最終的にはいい挽回ができたと思うよ。上位に戻るのは大変だったよ。何でかわからないけどサインツをかわすのに何ラップもかかってしまったんだ。スタート時の感触は良かったのにな。」

「フェルスタッペンとのバトルについては並びかけたとき僕の方が少し前にいたと思うよ。彼のほうがかなり速かったからコーナーで抜かれてしまったんだ。難しい追い抜きではなかったけど完全に正しくはなかったと思っているよ。まあ今日はこれ以上不平は言わないけどさ。クラッシュしなくて良かったよ!」

キミ・ライコネン
リタイヤ


「今日のコンディションは簡単な方ではなかったね。すごくトリッキーで、セーフティーカーに長く先導されていたからより難しくなってしまったね。雨はたくさん降っていたわけではなかったけど水はたくさん残っていたんだ。一番の問題は予想だにしない場所にアクアプレーニングだがあったことだ。ストレートでスピンしたんだがら!すんでのところで車を戻したけどかなり悪い場所で車を止めてしまったんだ。ウエットタイヤはアクアプレーニングに弱かったよ。サーキットや他の要素にもよるだろうけどさ。でも何年か前のタイヤはこういうことは起こらなかったけどね。」

ウィリアムズ

フェリペ・マッサ
リタイヤ

「今日どんなだったかを言うのは無理だよ。すべては起こったことなんだ。愛に溢れていたよ。レースを終えることができなかった。トップでレースをフィニッシュしたかったけど、残念ながらできなかった。でも神様は何をすべきか知っているものさ。僕は歩み続けている。僕の人々の前を、そしてこの驚くべき声援とともにね。ファンだけじゃなくてF1に関わる全ての人が僕に拍手を送ってくれた。この感情を表現するなんて不可能だよ。こんなこと僕の人生に起こるなんて思ってもいなかった。僕がこんな素晴らしい状況にふさわしいなんて考えたこともなかった。僕が言えるたったひとつの事は、本当にありがとう、っていうことだけだ。僕と働いてきたすべての人達、そしてすべてのファンに対してね。僕はこの日を一生忘れない。」

バルテリ・ボッタス
11位

「悪条件の中の難しい一日だった。マシンを何とかコース内にとどめたけど簡単じゃなかった。戦略的にはかなり大きな可能性があったんだけど、インターミディエイトがうまく機能し始めるのがおそすぎたよ。フォース・インディアが僕らよりも多くのポイントを獲得してしまったのは残念だ。アブダビは難しいレースになるね。今日はタイミングが悪かったとしか言えないよ。フェリペに対するサポートは本当に驚きだった。彼はこれにふさわしい。アブダビを楽しむよ。」

フォース・インディア

セルジオ・ペレス
4位

「なんて楽しく緊張したレースだっただろうか!最後の2周で表彰台を失ってしまったのは残念だけど、フェルスタッペンのペースは別次元だったからね。彼はコース上で最速だったから、彼を後ろにとどめておくことはできなかったよ。そうは言ってもがっかりしてるけどさ。今日のコンディションを考えれば、僕らはこの素晴らしいレースと結果をお祝いするに値するし、ゴールした時は勝利したも同然の気分だったよ。4位という結果はとても重要なものだからね。常にアクアプレーニングが起こっていて、あまりにもミスをしやすい状況だったから、ゴールした時はホッとしたな。」

「僕にとってだけじゃなく、チャンピオンシップ4位を争っているチームにとっても、この結果は極めて大きなものさ。アブダビではなんでも起こりうるけど、この結果には本当に満足してる。」

ニコ・ヒュルケンベルグ
7位

「緊張したレースだったよ。表彰台が可能だったと思うので笑うべきか泣くべきか良くわからないけどね。マシンにすごく自信を持てていたし感触も良くて、オーバーテイクできるだけのペースがあったんだ。レース中幾つかヒヤッとした時があったね。キミが僕の前でクラッシュした時は特にね。彼のマシンの破片が僕のマシンに大きなダメージを与えてしまったんだ。何とか巻き込まれずに済んだけど、破片を踏んでしまってパンクしてしまった。このためにグリット最後尾近くまで順位を落としてしまったので酷くがっかりしたよ。パンクがなければ何位になってただろうね。まあ嬉しいし、自分自身とチームとを誇りに思ってる。今日は素晴らしい仕事をやってのけた。ちょっと運に見放されたけどね。」

トロ・ロッソ

カルロス・サインツ
6位

「雨乞い成功だね、そしてなんてレースだったんだ!すんごく嬉しいよ!予選15位からの6位フィニッシュは素晴らしいよ。インターミディエイトでは危険過ぎるからチームにこのままウエットタイヤで行かせてくれるように頼んだんだ。それが良かった!ピットストップしない選択は成功だったし、ミスせず走ることができたんだ。こういった状況のときはミスしないことが重要だからね。13から14コーナーにかけてのアクアプレーニングはひどかったよ。セーフティーカー先導の後、時速300km/hでのレーススタートした時は本当になんにも見えなかったよ。危なすぎ!」

「そうは言っても本当に楽しかったよ、僕は雨が好きだね。子供の頃カートに乗ってたときから雨には強かったんだ。今日も例外ではないよね。そしてウエットコンディションでペースのある車を与えてくれたチームにお礼が言いたい。僕らの車は雨の中でかなりいい方だったし、週末中チームはずっと素晴らしい仕事をしてくれていたからね。皆でお祝いしたいね。思っても見なかった8ポイント獲得は素晴らしいニュースだよ。僕は大喜びさ!赤旗中断後はいろんなことがたくさん起きたけど、僕にはウエルカムだったね!」

ダニール・クビアト
13位

「なんてクレージーなレースだったんだ!僕のスタートは良かったよ。正しいタイミングでインターミディエイトに交換したんだ。でもセーフティーカー先導中にタイヤがパンクしてしまって不運にもまたすぐにピットに戻らなければならなくなったんだ。」

「諦めなかったけど今度はパーマーが僕にぶつかってクラッシュしたんだ。ダメージを受けたけどトリッキーなコンディションだったからピットに入らずそのまま残ることを選んだよ。車はとても運転しずらくなってしまったよ。。残念すぎるよ。もっと上を目指していたんだからね。」

ハース

ロマン・グロージャン
リタイヤ

「ファンとチームのみんなに謝りたい。。この24時間でヒーローからゼロに転落してしまった。何て言えばいいんだい?(エンジン)全開じゃなかったし。辛うじてグティエレスより速いくらいの速度でスピンしたんだ。ツイてなかったとしか言えないよ。あそこでは全くグリップがなくてね、ホイールスピンしてそのままクラッシュしたんだ。チームクルーに本当に申し訳なく思ってる。かなり強い衝撃で30G位あったよ。肉体的には大丈夫だよ。」

エステバン・グティエレス
リタイヤ

「楽しいレースだった。フルウェットでレースをスタートした時はね。インターミディエイトでのウェットコンディションはかなりトリッキーで、コース上にマシンを留めておくのが精一杯だった。徐々にペースが良くなっていって幾つか順位を上げたんだ。ポイント圏内が見えてきたよ。でもツイてないことに電気系統の問題が発生してしまったんだ。コーナーでのブレーキング時に問題を抱えることになった。ウェットレースにおいて考えうる最悪の問題だよ。チームは全力で問題解決にあったてくれたけど、リタイヤせざるを得なかった。今は最終戦に頭を切り替えてるよ。楽観的でいる必要があるし、持てる全てを出し尽すつもりだ。」

ザウバー

フェリペ・ナスル
9位

「今どれだけ幸せなのかを言い表す言葉がないよ。今日の天気予報を見た時に、これはチャンスだって思ったんだ。そしてそれは正解だったし準備も出来ていた。今日僕らは桁外れの仕事を成し遂げたんだ。チームは僕に路面状況について素晴らしい情報を与えてくれて、それに対して僕はチームにフィードバックをしていた。トリッキーなレースだった。幾つかの場所でかなり難しい路面状況だったからね。最終的にチェッカーフラッグを受けた後、僕に声援を送ってくれていたグランドスタンドのファンを見た時といったなかったね。信じられないような素晴らしい気持ちだったよ。母国レースで2ポイント獲得できるなんてこれ以上のことはないさ。ブラジルに着いた時は考えられなかったよ。」

マーカス・エリクソン
リタイヤ

「僕自身のことについては凄くがっかりしてる。路面状況はとても厳しく、スタートラインに向かう途中の坂でコントロールを失ったんだ。コース上に水たまりがあってね。本当に残念だけど、今日フェリペが素晴らしい仕事をして僕らにとって極めて重要な2ポイントを獲得してくれた。チーム全員にとって最高なことさ。最終戦のアブダビで戦いに戻るよ。」

ルノー

ケビン・マグヌッセン
14位

「今日のコンディションものすごく難しかったよ。12コーナーはドライだとそうでもないんだけど雨になると難しくなるんだ。アクアプレーニングはなくなっていたんだけど、限界ギリギリだったんだ。今日は難しくなるだろうと思っていた。もちろん赤旗やセーフティーカーの優先順位は高いけど、僕らはちょっと慎重になりすぎていたような気がするんだ。終いにはドライバーにまで伝染して遅くなってしまったように思うよ。僕らは限界を設けずにドライコンディションのときと同じように運転すれば良かったんじゃないかな。」

ジョリオン・パーマー
リタイヤ

「今日のコンディションはとても悪く、不運にもクビアトと接触してリタイヤしてしまったよ。あの時点で前を走るインターミディエイトを履いた車よりもウエットタイヤの僕の車のほうが速かったんだ。最終的に視界はものすごく悪くなり自分のハンドルさえも見えなくなっていたんだ。コーナーがどこかも見えなくなっていたよ。もちろんどこかにピットレーンと壁があることはわかっていたんだけどさ。クビアトがスピードを落として、僕はぶつかった。丘を登ったところ(クビアトとぶつかった所)はトラクションもなないし、前に誰かいても見えるような状況じゃなかったよ。自分がどこを走っているか創造しなければならなかったし、川が横切っていた。ほんとにトリッキーだったよ。」

マノー

エステバン・オコン
12位

「チーム全員のことを思うと本当にがっかりだ。凄く難しく厳しいレースだった。レースが継続するのかどうかについて心配していたけど、まあそれは問題じゃない。レースができると判断されれば、出来うる最高の仕事をするだけだからね。幾つか恐ろしい瞬間があったね。キミの事故の時は素早く対処できて本当にラッキーだった。」

「レース中ずっと限界までプッシュしていたよ。2回目の赤旗の後の3度目のスティントでは、フェリペを捕らえるためにプッシュする必要があったのは明らかだった。彼を後ろに追いやるチャンスだったからね。でもレースは彼のもので、僕らのものにはならなかった。出来る限りのことしたけど、後ろから来るマシンは接近していて、彼らには追い抜くための十分なペースがあった。今日がっかりしているのには多くの理由があって一つには絞れないけど、僕のF1初ポイントは素晴らしいものになるはずさ。」

パスカル・ウェーレイン
15位

「レース中ずっと恐ろしいコンディションだったよ。雨が落ち着いた時でさえコース上には多くの水があったんだ。誰にとってもウェットタイヤからインターミディエイトタイヤに履き替えるのはギャンブルだったよ。時に状況が治まる時はあったけど十分とは言えなかった。相変わらずアクアプレーニングは起こっていたし、如何に勇敢になれるかどうかが問題だった。でもウォールに衝突してレースを終えたら何も得られないからね。加えて視界はかなり悪く神経がすり減るようなレースだった。すぐには思い出したくない経験だね。」

「まあそんな感じだったけど、僕らは懸命に攻め続ける必要があったんだ。今日という日は、何事も起こりうるんだってことを示してみせたよね。アブダビで雨が降るとは思わないけど、レースは予測不可能だからね。僕らは戦い続けるよ。」

ピレリ

ポール・ヘンベリー
モータースポーツディレクター

「非常に難しい状況の中、我々は素晴らしい光景に酔いしれました。何人かのドライバーはインターミディエイトとウェットの両方のタイヤを使って素晴らしいオーバーテイクやホイール・トゥ・ホイールの戦いを見せてくれました。取り分け私たちは、幾度ものディレイにも関わらずこの降雨の中最後までレースを応援し続けたファンに感銘を受けました。長く複雑だった今回のレースは、何人かの素晴らしいドライバーを明らかにしてくれました。例えばマックス・フェルスタッペンや母国レースだったフェリペ・ナスル、そして最後尾近くまで順位を落としながらも舞い戻ってきたフェルナンド・アロンソなど。このような難しいコンディションの中でも素晴らしいドライビングが可能であることを彼らは示してくれたのです。」

F1ブラジルGP特集