バクー市街地コースのガレージからコースに出るアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年6月4日F1アゼルバイジャンGPフリー走行1にて
Courtesy Of Red Bull Content Pool

ホンダF1、3台が最速含むトップ10!角田裕毅はランオフ処理に手間取る / F1アゼルバイジャンGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published:

2019年以来となるF1世界選手権アゼルバイジャンGPが、6月4日に2021シーズンの第6戦として2年ぶりの開幕を迎え、日本時間17時30分からバクー市街地コースで金曜1回目のフリー走行が行われた。

グランプリ一発目のセッションを制したのはポイントリーダーのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。1分43秒184のトップタイムを記録して、後続のスクーデリア・フェラーリ勢を抑えた。

2番手には0.043秒差でシャルル・ルクレールが、3番手には0.337秒遅れでカルロス・サインツが続く結果となった。メルセデス勢は7番手にルイス・ハミルトン、10番手にバルテリ・ボッタスと、揃って中団に沈んだ。ただしいずれもトラフィックによる影響を受けている。

金曜午前の現地バクーは晴天に恵まれ、セッションは気温27℃、路面温度48.5℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは最も柔らかいレンジのC3からC5までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

バクー市街地コースを走行するアルピーヌ、2021年6月4日F1アゼルバイジャンGPフリー走行1にてCourtesy Of Alpine Racing

バクー市街地コースを走行するアルピーヌ、2021年6月4日F1アゼルバイジャンGPフリー走行1にて

オープニングセッションはロックアップとスピンが多発する展開となり、キミ・ライコネン車のものと思われるデブリ回収のためにバーチャル・セーフティーカーが導入される場面もあったが目立ったアクシデントはなく、チームは60分間を通して精力的に走り込んだ。

C5は2019年の前回大会で供給されなかった事もあり、各車FP1から積極的にこれを履いてデータを取りつつ感触を確かめた。フェラーリとアルピーヌの4台はハードタイヤでも走行を重ねた。

サーキットには細かな修正が多数加えられた。カレンダーの中で最もコース幅が狭いターン8にも改修の手(縁石が削除)が加えられ、通過速度が上昇した。

フェルスタッペンの僚友セルジオ・ペレスは4番手と、珍しく僚友ランド・ノリスを上回るパフォーマンスを発揮したダニエル・リカルド(マクラーレン)を5番手に抑え、幸先の良いスタートを切った。

前戦モナコに続く2戦連続での表彰台を目論むノリスはセッション残り20分、第2セクターまで全体ファステストを刻んでいたものの、2kmの超ロングストレートに入る手前のターン16で派手なスピンを喫した。同じ場所ではニキータ・マゼピン(ハース)も同様にクルマのコントロールを失った。

アルファタウリ・ホンダ勢はピエール・ガスリーが6番手と堅実なタイムを刻んだ。角田裕毅はチームメイトから1.627秒落ちの14番手でヘルメットを脱いだが、ダニエル・リカルド及びフェルナンド・アロンソと並び、全車最多となる25周のマイレージを重ねた。

バクーのランオフエリアは脱出が難しい事で有名だ。

角田裕毅はターン4へのアプローチでクルマを壁に寄せ過ぎて軽く接触し、コーナーに入る事が出来ずコースを外れた。無線で「どういう訳かバックできないんだけど、どうしたら良い?」と訴え、遅々としてコースに復帰できない状態が続いた。ミック・シューマッハ(ハース)も同じ場所でスタックした。

2021年F1第6戦アゼルバイジャングランプリ2回目のフリー走行は、日本時間6月4日(金)21時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:43.184 19
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:43.227 +0.043 20
3 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:43.521 +0.337 20
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:43.630 +0.446 17
5 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:43.732 +0.548 25
6 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:43.757 +0.573 23
7 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:43.893 +0.709 20
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:43.996 +0.812 20
9 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:44.777 +1.593 25
10 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:44.891 +1.707 20
11 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:44.943 +1.759 18
12 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:45.092 +1.908 20
13 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:45.234 +2.050 23
14 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:45.384 +2.200 25
15 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:45.415 +2.231 24
16 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:45.446 +2.262 23
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:45.452 +2.268 24
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:45.774 +2.590 22
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:46.899 +3.715 20
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:46.945 +3.761 18

コンディション

天気
晴れ
気温
27℃
路面温度
48.5℃

セッション概要

グランプリ名
F1アゼルバイジャンGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
バクー市街地コース
設立
2016年
全長
6003m
コーナー数
20
周回方向
時計回り

F1アゼルバイジャンGP特集