バクー市街地コースを走るトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、2018年F1アゼルバイジャンGP初日FP1
copyright Red Bull Content Pool

ボッタス最速、ホンダは余力残し9番手!タイムシートは奇妙な並び順 / F1アゼルバイジャンGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published:

2018年第4戦アゼルバイジャンGPの1回目のフリー走行が現地27日(金)13時から行われ、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスがウルトラソフト(US)で1分44秒242をマーク、トップタイムを記録した。2番手にはスーパーソフト(SS)を履いたレッドブルのダニエル・リカルド、3番手には同じくSSのフォース・インディアのセルジオ・ペレスが続いた。

第4戦の舞台となるのは、2kmものエンジン全開区間を持つバクー市街地コース。アジアとヨーロッパの境界線に位置するアゼルバイジャンの首都はこの日、気温22℃、路面温度41℃の暖かい陽気に包まれた。仮設の市街地コース故に、路面には埃が多くグリップレベルが低いため、各車慎重にセッションをスタート。その影響もあり、タイムシートは奇妙な様相を呈した。

最速を記録したボッタスのチームメイト、ルイス・ハミルトンは、同じUSタイヤを履きながらも0.958秒遅れの4番手。エステバン・オコン(Force India)が100分の4秒差でこれに続き5番手を確保。フォース・インディア勢が速さをみせた。

6番手はマックス・フェルスタッペン(Red Bull)。開始30分のところでスピンを喫しタイヤバリアにクラッシュ、VSCの原因を作った。マシンは無残にもクレーンで吊るされガレージへ。結局、僅か11周を走ったのみで早々にセッションを終えた。

トロロッソ・ホンダ勢はSSタイヤのピエール・ガスリーが9番手、ブレンドン・ハートレーが同じくSSタイヤで12番手タイムを記録。タイム向上の期待値が高いUSタイヤでのアタックは行わず、コースと路面の理解に努めた。

メルセデスと真っ向勝負を演じているフェラーリ勢は、セバスチャン・ベッテルが10番手、キミ・ライコネンが15番手という結果に終わった。両者ともUSタイヤのみの走行を行い、他のコンパウンドを試すことはなかった。ライコネンはセッションの大半をガレージで過ごし、周回数は僅かに3周。パワーユニットのトラブルが疑われる。

跳馬同様に走行回数が限られたのがルノー・スポール勢。13番手のニコ・ヒュルケンベルグは5周、20番手最下位となったカルロス・サインツは4周のみの走行に留まった。


アゼルバイジャンGP2回目のフリー走行は、日本時間27日(金)22時からバクー市街地コースで開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:44.242 26
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:44.277 +0.035 24
3 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:45.075 +0.833 26
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.200 +0.958 24
5 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:45.237 +0.995 29
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:45.559 +1.317 11
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:46.465 +2.223 25
8 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:46.480 +2.238 28
9 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:46.492 +2.250 18
10 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:46.513 +2.271 18
11 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:46.590 +2.348 26
12 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:46.747 +2.505 32
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:46.749 +2.507 11
14 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:46.856 +2.614 23
15 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:46.861 +2.619 10
16 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:46.875 +2.633 21
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:47.073 +2.831 21
18 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:47.434 +3.192 18
19 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:47.967 +3.725 21
20 55 カルロス・サインツ ルノー 1:48.741 +4.499 11

コンディション

天気
晴れ
気温
23℃
路面温度
42℃

セッション概要

グランプリ名
F1アゼルバイジャンGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
バクー市街地コース
設立
2016年
全長
6003m
コーナー数
20
周回方向
時計回り

F1アゼルバイジャンGP特集