2019年F1オーストラリアGP 第一回フリー走行でピットレーンを走るレッドブル・ホンダRB15copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダ好発進!開幕一発目から1000分の数秒差のトップ争い / F1オーストラリア《FP1》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

F1世界選手権2019年シーズンの開幕戦、オーストラリアGPが3月15日(金)にアルバート・パーク・サーキットでスタート。日本時間10時から金曜1回目のフリー走行が行われた。

今年最初の公式セッションでトップタイムを記録したのは、昨年王者のルイス・ハミルトン。メルセデスW10をドライブして1分23秒599をマークし、コンテンダー候補のスクーデリア・フェラーリ、セバスチャン・ベッテルを1000分の38秒抑えて最速を刻んだ。3番手には、モナコ人ドライバーとして初めて今年跳馬に移籍したシャルル・ルクレールが続いた。

ホンダ勢はレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが、ファステストから0.193秒遅れの4番手と好発進。テストでのクラッシュが脳裏によぎったか、ピエール・ガスリーはやや慎重に走行を進めて、8番手タイムでマシンを降りた。

トロロッソ・ホンダも印象的なスピードを見せつけた。1年ぶりにF1に舞い戻ってきたダニール・クビアトは、トップから1.233秒の7番手タイムをマーク。大混戦が予想されるミッドフィールド先頭争いに向けて、有望なパフォーマンスを披露した。

クビアトのチームメイト、アレックス・アルボンはセッション残り30分を切ったところでコースオフ。タイヤにフラットスポットを作る程のビッグブレーキングの後、今季STR14はグリップを失いバリアに激突。フロントウイングを中心にパーツが破損した。この事故によってコース上にはレッドフラッグ。今季最初の赤旗はタイ出身のルーキードライバーによってもたらされた。

公園内の半ストリートコース、アルバート・パーク・サーキットには日差しが降り注ぎ、セッションは気温20℃、路面温度37℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは、C2からC4までの標準的なコンパウンドを投入。硬いC2から順に「ハード(白)」「ミディアム(黄)」「ソフト(赤)」の呼称が与えられた。

アルボンのアクシデントを除けば、コース上で大きなアクションはなかったものの、5番手タイムを残したバルテリ・ボッタスが、あわやバリアに激突かというヒヤリとする場面もあった。8年ぶりにF1にカムバックしたロバート・クビサは、何度かコーナーを曲がりきれずに芝生にオン。ウィリアムズの今季マシン「FW42」は、開発の遅れから事前テストで走り込めておらず、グローブのチームは今週末を”実戦”ではなく”テスト”として扱う予定だ。

ウィリアムズ、予選落ち回避できるか?

3強チームを除いた中団グループの中で最も速いタイムを刻んだのは、アルファロメオ・レーシングへと移籍したキミ・ライコネン。マラネロの重苦しい雰囲気から解き放たれたアイスマンは、トップから1.217秒遅れの6番手をマークして、”Bリーグ”をリードした。

ルノー勢は、ニコ・ヒュルケンベルグがインスタレーション・ラップ中に電気系統のトラブルに見舞われ、走行時間の3分の2以上を喪失。走行わずか11周に留まり、10番手タイムでセッションを終えた。地元の英雄、ダニエル・リカルドは17番手タイム。新しく投入されたアップデートの感触を確かめ、データ取りに集中した。

マシン全体を大きく改良したレーシングポイントは、フロービズを用いて新しいスペックのマシンをテスト。目論見通りに気流が流れているか、確認作業に時間を費やして、ランス・ストロールが15番手、セルジオ・ペレスが16番手タイムを残した。

オーストラリアGP2回目のフリー走行は、日本時間15日(金)14時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:23.599 26
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:23.637 +0.038 18
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:23.673 +0.074 18
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:23.792 +0.193 22
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:23.866 +0.267 30
6 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:24.816 +1.217 18
7 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:24.832 +1.233 30
8 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:24.932 +1.333 23
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:24.934 +1.335 24
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:25.015 +1.416 11
11 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:25.166 +1.567 23
12 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:25.224 +1.625 18
13 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:25.230 +1.631 21
14 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:25.285 +1.686 19
15 18 ランス・ストロール レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:25.288 +1.689 26
16 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:25.498 +1.899 21
17 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:25.634 +2.035 16
18 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:25.966 +2.367 31
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:27.914 +4.315 25
20 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:28.740 +5.141 25

コンディション

天気
晴れ
気温
20℃
路面温度
37℃

レース概要

グランプリ名
オーストラリアGP
レース種別
フリー走行1
レース開始日時
サーキット名
アルバート・パーク・サーキット
サーキット設立
1996年
コース全長
5303m
コーナー数
16
周回数
58周
周回方向
時計回り

F1オーストラリアGP特集