アストンマーチンF1の2021年型マシン「AMR21」のローンチイベント予告画像copyright Aston Martin Lagonda Limited

本日夜!アストンマーチンF1、2021年「ARM21」を公開…新車発表イベントを無料ライブ配信

  • Published: Updated:

アストンマーチンF1チームは3月3日(水)英国現地15時、日本時間24時より2021年シーズンのF1世界選手権に投入する新車「AMR21」のオンラインプレゼンテーションを行う。

イベントにはセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールの他、ローレンス・ストロール会長、チーム代表権CEOのオトマー・サフナウアーが参加。以下の公式Youtubeチャンネルで日本時間24時15分より無料ライブ配信される。

アストンマーティンはル・マン24時間レースで数々のクラス優勝を成し遂げるなど、スポーツカーレースで大きな成功を収めてきたが、F1へのワークス参戦は散々な結果に終わった1960年以来、61年ぶりとなる。

F1への復帰を推し進めたのは、英国の名門自動車メーカーを買収したローレンス・ストロールだった。レーシング・ポイントF1チームの共同オーナーであった世界有数のカナダ人ミリオネアは「F1世界選手権はアストンマーティンにとって相応しい場所」と語る。

続報:アストンマーチン「AMR21」発表

ドライバーラインナップはオーナーの息子ランスに加えて、新しい時代を切り開く先導者としてフェラーリから4度のF1ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルを迎え入れる。

オーストリアの水処理技術の大手「BWT」とのタイトルスポンサー契約に基づき、チームはこれまで車体をピンクに染め上げてきたが、ワークス復帰に際してベースカラーは伝統のブリティッシュグリーンに変更される見通しだ。