2021年型アルピーヌF1マシンA521とデザイナーのアンソニー・ヴィランCourtesy Of Alpine Racing

アルピーヌF1、新車「A521」を本日2日夜に発表…バーチャルローンチを生配信

  • Published: Updated:

ルノー改めアルピーヌF1チームは本日3月2日(火)、2021年シーズンのFIA-F1世界選手権に投入する新車「A521」を日本時間24時よりワールドプレミアする。

英国で開催されるローンチイベントの模様は下記の公式Youtubeチャンネルなどでライブ配信される。

イベントにはエステバン・オコン、レーシングディレクターのダビデ・ブリビオ、アルピーヌCEOローラン・ロッシ、エグゼクティブ・ディレクターのマルチン・ブコウスキーら主だったメンバーが参加する。

交通事故に見舞われた事でシーズン開幕に向けた準備が遅れているフェルナンド・アロンソは、トレーニングに専念するため自宅スイスに留まる。

5年以内のタイトル争い復帰を目指してワークス復帰したルノーであったが、多額の投資にも関わらず、今のところ期待されたパフォーマンスを実現する事は出来ていない。

チームは長年に渡ってテクニカル・ディレクターを務めてきたニック・チェスターに代えて、2020年にベテランのパット・フライを起用。技術体制を変更して迎えた昨年は3度の表彰台に上がる活躍を残したが、それでもミッドフィールドの域は出ない。

カルロス・ゴーンに代えてのルカ・デメオのグループ・ルノーCEO就任、シリル・アビテブールの急遽のチーム離脱。未だ発表されていない後任人事。こうした流動的で曖昧な状況がプラスに作用する事は滅多にない。