レースを終えてマックス・フェルスタッペンと話をするトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、2019年F1アメリカGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1アメリカGPでのトロロッソ・ホンダの1点が幻に…ダニール・クビアトに5秒ペナルティ

  • Published:

トロロッソ・ホンダのCOTAでのポイントは幻に消えた。サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、通称COTAで開催されたF1アメリカGPのスチュワードはレース後、10位フィニッシュを果たしたクビアトに対し、5秒ペナルティを科す裁定を下した。

クビアトはレース終盤に、鋭角の左コーナー、ターン15でレーシングポイントのセルジオ・ペレスと接触。これを交わして10位でチェッカーを受けた。一件は審議の対象となり、スチュワードは責任はクビアトにあると判断。クビアトは5秒ペナルティによって12位に後退した。

この結果、ペレスの10位昇格と、キミ・ライコネン(アルファロメオ)の11位昇格が決定した。クビアトは先週末のF1メキシコGPの最終ラップでも接触事故を起こしており、その際はペナルティによって9位から11位に降格している。

トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーがリタイヤに終わったためノーポイント。ランス・ストロールが13位に終わった一方、ペレスが1ポイントを獲得したことで、レーシングポイントはコンストラクターズチャンピオンシップでトロロッソを交わし、単独の6位に浮上した。

トロロッソ・ホンダ64点に対してレーシングポイント65点。残り2レースでは、コンストラクターズ5位を巡る熾烈な攻防が予想される。

F1アメリカGP特集