オスカー・ピアストリ(2022年アルピーヌF1リザーブドライバー)
Courtesy Of Alpine Racing

オスカー・ピアストリ

  • Published:

人物データ

名前 オスカー・ピアストリ / Oscar Piastri
国籍 オーストラリア
出身地 メルボルン
居住地 イギリス
生年月日 2001年04月06日 / 21歳
身長 178cm
体重 68kg
WEBサイト oscarpiastri.com
SNS instagram

オスカー・ピアストリ(英:Oscar Piastri)はオーストラリア・ビクトリア州メルボルン出身のレーシングドライバーで、2022年よりアルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めている。

2019年にフォーミュラ・ルノー、2020年にFIA-F3選手権、そして2021年にFIA-F2選手権を制し、3年連続でトップジュニア・フォーミュラを制するという歴史的快挙を成し遂げたドライバーで、同郷の大先輩マーク・ウェバーをして「あの若さにして経歴が桁外れ」と言わしめる。

アルピーヌF1ジュニアのオスカー・ピアストリCourtesy Of Alpine Racing

アルピーヌF1ジュニアのオスカー・ピアストリ

生い立ちとキャリア初期

イタリア系オーストラリア人の両親のもとにメルボルンで生を受けた。父親のクリス・ピアストリは車両診断やスキャン、キャリブレーション等のソフトおよびハードウェア・ツールを設計・製造する企業「HP Tuners」の創設者で、ジュニアカテゴリー時代以降、同社がスポンサーとしてキャリアを支えている。

カートを始めたのは2011年の事だった。本格的に競技生活を始めたのは2014年。翌年にCIK-FIA公認のカート選手権にステップアップすると2016年に渡英し、バーレーンで開催されたCIK-FIAカート世界選手権OKジュニア・クラスで6位入賞を果たした。

趣味はクリケット、ウェイクボード、バスケットボール。

ジュニアカテゴリ

シングルシーターデビューは2016-17年のF4-UAE選手権。2017年にはアーデン・モータースポーツからイギリスF4にフル参戦し、6勝、13表彰台、6ポールポジションを獲得してランキング2位に輝いた。

フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ参戦2年目の2019年に7勝、11表彰台、5ポールポジションを獲得して選手権を制覇すると、翌2020年はFIA-F3選手権に参戦し、ルーキーながらもテオ・プルシェールを抑えてチャンピオンを獲得した。

2021年にはハースF1でのデビューが決まったミック・シューマッハに代わってプレマからFIA-F2選手権にステップアップ。6勝、11表彰台、6ポールポジションを獲得し、F3に続いてルーキー王者に輝いた。

2021年FIA-F2選手権チャンピオンに輝いたオスカー・ピアストリ、2021年12月11日ヤス・マリーナ・サーキットにてCourtesy Of Formula Motorsport Limtied

2021年FIA-F2選手権チャンピオンに輝いたオスカー・ピアストリ、2021年12月11日ヤス・マリーナ・サーキットにて

GP3/F3とGP2/F2を連続で制したのは過去にルイス・ハミルトン、ニコ・ヒュルケンベルグ、シャルル・ルクレール、ジョージ・ラッセルの4名しかおらず、2019年のフォーミュラ・ルノー・ユーロカップを含めてジュニアシリーズを3連覇したドライバーとしては史上初の快挙を飾る事となった。

F1への道

2020年1月にルノー・スポール・アカデミー(アルピーヌ・アカデミーの前身)に加入。このタイミングでマーク・ウェバー夫妻及び、起業家ジェイソン・アレンが率いるJAMスポーツマネジメントがピアストリのマネジメントを担当するようになった。

同年のF3制覇を経て2020年10月には、同じアカデミー生のクリスチャン・ルンガー、周冠宇と共にバーレーンでF1マシンをテスト。2021年にF2でチャンピオンを獲得すると、嫌々ながらも2022年のアルピーヌF1リザーブドライバーに就任した。

アルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリ、2022年4月6日Courtesy Of Alpine Racing

アルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリ、2022年4月6日

ニコラス・ラティフィの後任としてウィリアムズから2023年のF1にデビューする見通しであったものの、同年末を以て引退するセバスチャン・ベッテルに代わってフェルナンド・アロンソがアストンマーチン移籍を発表。これにより騒動が発生した。

アストンのアナウンス翌日、アルピーヌはアロンソの後任にピアストリを起用すると発表したものの、プレスリリースにピアトリ本人の言葉はなかった。ピアストリはSNSを通して2023年にアルピーヌでドライブする事はないと主張。内紛が明らかとなり、マクラーレンとの事前契約の可能性が浮上した。

ピアストリの行動に対してチーム代表のオトマー・サフナウアーは「人としての誠実さ」「チームに対する忠誠心」を欠くとして批判。仮にピアストリがチームを去った場合、損害賠償を求める意向を明らかにした。

主なキャリア

シリーズ 成績
2016-17 F4・UAE選手権 6位
2017 F4イギリス選手権 2位
フォーミュラ・ルノーNEC 21位
2018 フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ 8位
2019 フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ 1位
2020 FIA-F3選手権 1位
ルノー・スポール・アカデミーに加入
2021 FIA-F2選手権 1位
2022 アルピーヌF1リザーブドライバー

アルピーヌF1ジュニアのオスカー・ピアストリと周冠宇、2021年9月12日FIA-F2選手権モンツァにてCourtesy Of Formula Motorsport Limited

アルピーヌF1ジュニアのオスカー・ピアストリと周冠宇、2021年9月12日FIA-F2選手権モンツァにて

FIA-F2選手権アブダビでヤス・マリーナ・サーキットを走るプレマ・レーシングのオスカー・ピアストリCourtesy Of Formula Motorsport Limtied

FIA-F2選手権アブダビでヤス・マリーナ・サーキットを走るプレマ・レーシングのオスカー・ピアストリ