アルピーヌF1チームのテストドライバーを務める周冠宇
Courtesy Of Alpine Racing

周 冠宇

  • Published:

人物データ

名前 周 冠宇 / Guanyu Zhou
国籍 中国
出身地 上海市
居住地 イギリス
生年月日 1999年05月30日 / 22歳
身長 175cm
体重 63kg
SNS

周 冠宇(ジョウ・グアンユー、英:Guanyu Zhou)は中国・上海市出身のレーシングドライバー。史上初の中国人F1ドライバーとして2022年にアルファロメオ(ザウバー)からデビューする

2014年~18年にはフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に所属。2018年にはフォーミュラEチーム「DS Techeetah」の開発ドライバーを務めた。

2020年にルノーF1チームのアカデミーに加わり、アルピーヌへと改称された2021年の末までテストドライバーとしてシミュレーターセッションやレースマシンのテストを担当した。

2021年オーストリアGPの1回目のフリー走行では、2012年の馬青驊(マー・チンホワ)に続く史上2人目の中国人ドライバーとして、初めてF1グランプリ週末の公式セッションでドライブした。走らせたのは幼少期のヒーローであったフェルナンド・アロンソのマシンだった。アロンソは周冠宇のデビューセッションを「完璧」と評した

周冠宇、2020年F1アブダビテストにてcopyright RENAULT SPORT

周冠宇、2020年F1アブダビテストにて

FIA-F2選手権第12戦アブダビ・レース1で表彰台に上がったセルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)、松下信治(カーリン)、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)copyright FIA FORMULA 2 MEDIA SERVICE

FIA-F2選手権第12戦アブダビ・レース1で表彰台に上がったセルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)、松下信治(カーリン)、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)

レッドブル・リンクでトラックウォークを行なうアルピーヌのフェルナンド・アロンソと周冠宇、2021年7月1日F1オーストリアGPにてCourtesy Of Alpine Racing

レッドブル・リンクでトラックウォークを行なうアルピーヌのフェルナンド・アロンソと周冠宇、2021年7月1日F1オーストリアGPにて

主なキャリア

カート

8歳の時にカート競技を始め、2012年にイギリスへと渡った。2013年にはヨーロッパ・ジュニアROTAX、ABKC S1 Rotaxジュニアシリーズでタイトルを獲得した。

ジュニア・フォーミュラ

2015年にプレマ・レーシングからイタリアF4選手権とADACフォーミュラ4に参戦。シングルシーターのキャリアをスタートさせると、2016年にはモトパークからヨーロッパF3選手権にステップアップすると共に、トヨタ・レーシング・シリーズで総合6位を獲得した。

プレマへと移籍して挑んだ2年目のヨーロッパF3では、最終戦でランド・ノリスを抑えるなどの活躍を見せ、計5回の表彰台を獲得してランキング8位を獲得した。また3年目にはチームの総合優勝に貢献した。

FIA-F2選手権

2019年にユニ-ヴィルトゥオーシからF1の登竜門、FIA-F2選手権に参戦。初年度にポールポジション1回、表彰台5回を重ねてランキング7位を獲得し、新人賞「アントワーヌ・ユベール賞」を受賞した。

2年目はFDA所属のカラム・イロットをチームメイトとし、ソチのスプリントレースでF2初優勝を挙げ、初年度より1つ順位を上げてランキング6位を手にした。

3年目のシーズンは開幕戦バーレーンでポールポジションを獲得。フューチャーレースでの初優勝に繋げた。

FIA-F2選手権シルバーストンでシーズン3勝目を挙げた周冠宇、2021年7月18日Courtesy Of Formula Motorsport Limited

FIA-F2選手権シルバーストンでシーズン3勝目を挙げた周冠宇、2021年7月18日