ランド・ノリスcopyright LandoNorris

ランド・ノリス

  • 最終更新:

ランド・ノリスは、イギリス・ブリストル出身のレーシングドライバー。2017年にFIA欧州F3選手権にカーリンから参戦、9勝を挙げチャンピオンを獲得した。2017年11月、18年シーズンのマクラーレン・ルノー公式テスト兼リザーブドライバーへの就任が発表された。18年はセルジオ・セッテ・カマラと共にカーリンからF2選手権に出場する。

マクラーレンF1の秘蔵っ子

2017年2月、マクラーレンF1チームは、若手ドライバー育成プログラムにノリスを起用することを発表。同年8月のF1インシーズンテスト(ハンガリー)の2日目にマクラーレン・ホンダから参加し堂々の2番手タイムを記録した。

ノリスに対する英国の期待は大きく、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは「未来のF1ワールドチャンピオン」と評し、レーシングディレクターのエリック・ブーリエは「将来のスター」とその能力の高さを絶賛する。かつて”秘蔵っ子”の名をほしいままにしたルイス・ハミルトンの再来が期待される。

ノリスを「将来のスター」と高評価

未来のF1ワールドチャンピオン候補

2016年にユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0とフォーミュラ・ルノー2.0NECのダブルタイトルを獲得、同年マクラーレン・オートスポーツBRDCアワード受賞した。同賞は将来有望な若手ドライバーに贈られるもので、過去にはジェンソン・バトンやダリオ・フランキッティ、デイビッド・クルサードといった偉大なドライバーを輩出している。14年のBRDC受賞者であるジョージ・ラッセルも、メルセデスからハンガリーテストに出走した。

主なキャリア

7歳でカートからキャリアをスタートさせたノリスは、2014年にCIK-FIA KF世界選手権で優勝し、カートの世界大会での最年少記録を樹立している。

2008年
カートを始める
2015年
MSAフォーミュラ年間チャンピオン
2016年
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0王者
フォーミュラ・ルノー2.0NEC王者
トヨタレーシングシリーズ王者
BRDCアワード受賞
2017年
カーリンから欧州F3に参戦しタイトル獲得
8月・11月のF1公式テストに参加
2018年
マクラーレンのテスト兼リザーブドライバーに就任
カーリンからF2選手権に参戦