カルロス・サインツJrcopyright scuderiatororosso.com

カルロス・サインツJr.

  • 最終更新:

人物データ

名前
カルロス・サインツJr. / Carlos Saínz Vázquez de Castro
国籍
スペイン
出身地
マドリード
居住地
イギリス
生年月日
1994年09月01日 / 25歳
身長
178cm
体重
66kg

カルロス・サインツJr.は、スペイン出身のレーシングドライバー。父はWRC世界ラリー選手権で2度のワールドチャンピオンを獲得したカルロス・サインツ。レッドブルを離脱したセバスチャン・ベッテルの後任としてトロ・ロッソのクビアトが昇格、そのクビアトの後任として2015年にトロ・ロッソでF1デビューを果たした。本人は「ジュニア」と呼ばれることを嫌っており、F1での登録名は「カルロス・サインツ」となっている。

父のカルロス・サインツとJr.
©formula1.com 父のカルロス・サインツと

ヘルメットと帽子を集めるのが趣味であり、ハンバーガーが大好物。多くのドライバーがモナコに住む中、サインツはロンドンに居住している。流石にスペイン国内だと目立ちすぎてしまうようで、ロンドンだと誰もサインツに気づくものはいないと語っている。

明るい性格の持ち主で、ユーモアに溢れる発言が好感を呼ぶナイスガイだが、何しろテンションが高い。いつか父のように大きなラリーのレースに参戦するのが夢だという。学校の勉強が嫌いな怠け者と公言しているが、ドライバーとしての腕は一流であり、トロ・ロッソ時代のマックス・フェルスタッペンに予選で10勝9敗と勝ち越している。

F1以外の主なキャリア

2010年
レッドブルのサポートを受け、フォーミュラBMWに参戦し年間4位
2011年
ノーザン・ヨーロピアン・カップに参戦しダニール・クビアトやストフェル・バンドーンを打ち破りチャンピオン
2012年
ヨーロッパF3とユーロF3に参戦
2013年
GP3に参戦も年間10位
2014年
フォーミュラ・ルノー3.5に参戦しチャンピオン獲得
2018年
WRC開幕ラリー・モンテカルロで走行

Carlos Saínz photocreativeCommonsGonzoMau 父親のカルロス・サインツ

F1でのキャリア

トロ・ロッソ時代 – 2015年~2017年

レッドブルのセバスチャン・ベッテルがフェラーリに移籍したことに伴い、後任にトロ・ロッソのクビアトの昇格。空いたトロ・ロッソのシートをサインツが獲得しF1デビュー。デビューイヤーとなった2015年のチームメイトは、マックス・フェルスタッペン。トラブルに見舞われながらも、予選では年間を通してフェルスタッペンに対し10勝9敗の勝ち越し。

2年目の2016年、フェルスタッペンのレッドブル昇格に伴い第5戦スペインGPからダニール・クビアトがチームメイト。1年落ちの旧型フェラーリ製エンジン故に難しいシーズンとなったが、チーム資金力の差が現れにくい前半戦では安定して入賞を重ねた。クビアトが苦労したこともありパドック内でのサインツの株が上昇。移籍話が囁かれた。

トロ・ロッソ残留3年目の2017年、マクラーレン・ホンダ決別騒動に関連し、マクラーレンがルノーエンジンを要求。供給の見返りとしてサインツの移籍を提示した。トロ・ロッソの親チームであるレッドブルは期限付きレンタルを承認、ホンダエンジン獲得に動いた。結果、第17戦アメリカGPより電撃移籍が決定した。

ルノー時代 – 2017年~

移籍デビュー戦となった米国グランプリでは見事7位入賞を果たした。翌メキシコと最終アブダビはリタイヤに終わったものの、予選・決勝ともにニコ・ヒュルケンベルグと遜色ない走りを見せた。