2019年ル・マン24時間レースの表彰台に上がったトヨタ・ガズーレーシングのドライバー達copyright Alexis GOURE (ACO)

ル・マン24時間:魔物健在…最終盤に首位7号車が転落し、トヨタ8号車が2年連続の栄冠

  • 最終更新:

WECスーパーシーズン最終戦として、第87回ル・マン24時間レースが6月15日(土)から16日(日)にかけてサルトサーキットで行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ)が2年連続の栄冠に輝いた。

魔物は今年も顕在だった。残り1時間を切ったところで、トップを走行していたトヨタ7号車(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)の右フロントタイヤがパンク。緊急ピットインを強いられタイヤ交換後にコースに復帰すると、突如スローダウン。その翌周に今度は4輪全てを交換。順位が逆転した。実際に問題があったのは左リアだったが、センサートラブルは誤ったタイヤに問題がある事を示していた。

その後ホセ・マリア・ロペスは僅かな望みにかけて猛攻を見せるも、残り20分を切ったところでピットからポジションキープの指示が飛び、7号車は17秒遅れの2番手でチェッカーフラッグを受けた。チェッカー後にインタビューに応えた小林可夢偉は口真一文字に「悔しいです」の一言しか発する事が出来なかった。

7号車が飲むに飲めない涙を飲んだ格好だが、トヨタ・ガズーレーシングとしては1-2フィニッシュ。最終戦ルマンを制した中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソが、2018-19シーズンのWECワールドチャンピオンに輝いた。日本人初のWEC王者となった中嶋一貴は、チームメイトの事を想ったか、99%手中にした勝利を逃した一昨年、そして昨年の初優勝の時にも流さなかった涙を流した。

3位は、6周遅れでSMPレーシングのBRエンジニアリングBR1・AER 11号車(ヴィタリー・ペトロフ/ミカエル・アレシン/ストフェル・バンドーン)。LMP1クラスはSMP17号車、バイコレス4号車、ドラゴンスピード10号車の3台が、24時間を走り切ることなくリタイヤに終わった。

全61台のうち、トラブルやクラッシュ等の苦難を乗り越えて50台のマシンがフィニッシュラインを駆け抜けた。完走数としては一昨年の48台を塗り替えて歴代最多の記録となった。

LMP2クラスはシグナテック・アルピーヌ36号車が、LM GTE-ProクラスはAFコルセ51号車、そしてLM GTE-Amクラスはキーティング・モータースポーツ85号車がそれぞれクラス優勝を果たした。

WEC第8戦ルマン24時間レース 決勝順位結果

順位 No. ドライバー チーム 周回 Gap
1 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
385
2 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
385 16.972
3 11 ヴィタリー・ペトロフ
ミカエル・アレシン
ストフェル・バンドーン
SMPレーシング
BRエンジニアリングBR1・AER
379 6 Laps
4 1 ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
376 9 Laps
5 3 トーマス・ローラン
ナタナエル・ベルトン
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
370 15 Laps
17 ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
セルゲイ・シロトキン
SMPレーシング
BRエンジニアリングBR1・AER
163 リタイア
4 トム・ディルマン
オリバー・ウェッブ
パオロ・ルバーティ
バイコレス・レーシング・チーム
エンソ・CLM P1/01・ギブソン
163 リタイア
10 ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
76 リタイア