ウィリアムズのジョージ・ラッセルとレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年3月25日のF1バーレーンGP記者会見にてCourtesy Of Red Bull Content Pool & Williams

ハミルトンV8引退で2022年メルセデスはフェルスタッペンとラッセル、マクラーレンCEO予想

  • Published: Updated:

シーズンがまだ開幕していないにも関わらず、2022年のドライバーラインナップに関して様々な憶測が飛び交っている。何故か? 巨石ルイス・ハミルトンの状況が流動的であるからだ。

2021年冬のオフシーズンの話題の一つは、数ヶ月以上にも渡る交渉の末に、現役引退すら囁かれたハミルトンの契約更新が僅か1年に留まった事にあった。現時点では36歳の英国人ドライバーが2022年以降もF1にとどまる保証はない。

メルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトン、2021年3月12日F1バーレーンテストにてCourtesy Of Daimler AG

メルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトン、2021年3月12日F1バーレーンテストにて

ハミルトンは今年、ミハエル・シューマッハを超える史上最多8度目のワールドチャンピオン及び、メルセデスにとってのコンストラクターズ選手権8連覇を懸けて戦う事になるが、契約を更新するか否かの判断に今シーズンの結果が関与する事はないとしている。

ハミルトンの決断は川下すべてに大きな影響を与える。最たるはマックス・フェルスタッペンだ。

フェルスタッペンとレッドブル・ホンダとの契約は2023年末まで。今季「RB16B」は初のチャンピオンシップ制覇が狙えるレベルの競争力があるように見えるが、仮にハミルトンが去った場合、メルセデスがフェルスタッペンに白羽の矢が立てる事は疑いない。

フェルスタッペンとレッドブルとの契約書には、いわゆる”パフォーマンス条項”があるとされる。仮にレッドブルがタイトルに挑戦できるマシンを提供できない場合、契約を途中解除できるといった具合のものだ。

メルセデスのもうひとつのシートを持つボッタスは今年、翌年の雇用が保証されないままチームとの5年目のシーズンに臨むが、その将来はハミルトンの決断に翻弄される可能性がある。

仮にハミルトンが引退するのであれば、チームとしては継続性を重視してボッタスとの契約を更新する可能性があるものの、昨年のサクヒールGPでの代役ぶり、そして3年間でのウィリアムズでの経験を踏まえれば、ハミルトンの動向如何に関わらずジョージ・ラッセルが昇格すると考えるのが妥当だ。

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、英国のスーパースターが今年8度目の栄冠を飾って現役生活に終止符を打つと考えており、ボッタスもシートを追われる事でメルセデスに2つの空席ができると考えている。

バーレーンGP開幕を前に、来年、フェルスタッペンとラッセルがメルセデスでタッグを組む事になると思うか?と聞かれたブラウンは「当然の結論だ」と答えた。

「そうだね、2022年はマックスとジョージだと思うよ」とブラウン。

「それが当然の結論だと思う。ルイスは今年、8度目のタイトルを獲得し、あらゆるカテゴリーにおける最多優勝ドライバーとなる。そしてチームとの契約は1年だ」

「ジョージは若く、マックスには経験と若さがある。もし私がメルセデスの人間であればそうするだろう。今後5年間はかなり魅力的なラインアップを維持できるからね」

「興味深いのはレッドブルがどうするのかという事だ。これは答えるのが難しい問題だ。彼らにとっては厳しい状況だ。全員がロックダウンされているからね」

レッドブルのドライバー人事を掌握するモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年アルファタウリ・ホンダでF1デビューする角田裕毅を高く評価しており、1年の経験を積ませた後、シニアチームのレッドブル昇格を計画しているとも見られている。

F1バーレーンGP特集