ジル・ビルヌーブ・サーキットを走るフェラーリのセバスチャン・ベッテル、2018年F1カナダGPにてcopyright Ferrari S.p.A.

窮地ベッテルが意地のトップタイム、最終プラクティスでフェラーリが1-2 / F1アメリカGP《FP3》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2018年F1アメリカGP土曜3回目のフリー走行が現地10月20日にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分33秒797を記録。2番手につけたチームメイトのキミ・ライコネンを0.046秒差で退け、公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシート最上部につけた。

タイトル争いで窮地のベッテル。FP1での赤旗時減速違反により決勝での3グリッド降格が決定している中、まさに意地のトップタイムを記録した。

3番手にはベッテルから0.073秒遅れでポイントリーダーのルイス・ハミルトン。4番手にはバルテリ・ボッタスが続き、跳馬の背後には宿敵シルバーアローが並んだ。5番手はマックス・フェルスタッペン、6番手はダニエル・リカルドとレッドブル・レーシングが連なり、上位6台はチーム毎にキレイに分かれる事となった。

初日同様に雨が予想されていたものの、グランプリ2日目を迎えたCOTAは曇り空。予選結果を占うセッションは気温18℃、路面20℃のドライコンディションでスタートした。今回が今週末初めてのドライ、1時間という限られた時間の中で、10チーム20台が慌ただしくプログラムをこなした。

パワーユニット交換のために最後尾スタートが確定しているトロロッソ・ホンダの2台は、予選用のセッティングには目もくれず、決勝レースでの最速マシンをターゲットにセッションの大半でロングラン。ピエール・ガスリーが赤スーパーソフトを、ブレンドン・ハートレーが黄色ソフトを担当し周回を重ねた。

残り15分のところでショートランのためにタイヤを履き替えコースイン。ガスリーが12番手、ハートレーが19番手タイムを記録しマシンを降りた。予選を全く重視していない状況での1.916秒落ちの12番手は頼もしい。ミッドフィールド最速を記録したザウバーのシャルル・ルクレールとのギャップはコンマ3秒であった。

最下位に沈んだのはマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。昨年の第101回インディ500で共演したジョセフ・ニューガーデンらインディカードライバーが観戦に訪れる中で、トップから2.535秒遅れの20番手に終わった。チームメイトのストフェル・バンドーンは18番手。今回もダブルQ3敗退となるか。

予想外のドライに見舞われた事で、各チーム共に様々なコンパウンドでショートランとロングランの両方を実施。日曜のレースに向けて貴重なデータを集めた中、フェラーリとウィリアムズだけは唯一、紫色のウルトラソフトタイヤのみで走行。予選に関しては問題ないものの、決勝に向けて不安要素を残す事となった。

なお予選を前に、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、ターン19でコースオフした場合、ラップタイムを抹消すると警告。コーナー出口の縁石を大きく越えて走行した場合、そのラップは無効となる事が告知された。

シーズン18戦目のF1アメリカ・グランプリ公式予選は同6時からサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:33.797 20
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:33.843 +0.046 21
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.870 +0.073 23
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:34.556 +0.759 21
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:34.703 +0.906 21
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:34.910 +1.113 20
7 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:35.365 +1.568 21
8 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:35.411 +1.614 21
9 55 カルロス・サインツ ルノー 1:35.450 +1.653 21
10 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:35.468 +1.671 19
11 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:35.562 +1.765 22
12 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:35.713 +1.916 27
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:35.770 +1.973 19
14 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:35.882 +2.085 19
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:36.000 +2.203 21
16 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:36.188 +2.391 21
17 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:36.193 +2.396 20
18 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:36.302 +2.505 23
19 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:36.330 +2.533 26
20 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:36.332 +2.535 20

コンディション

天気
曇り
気温
18℃
路面温度
20℃

レース概要

グランプリ名
アメリカGP
レース種別
フリー走行3
レース開始日時
サーキット名
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
サーキット設立
2012年
コース全長
5516m
コーナー数
20
周回数
56周
周回方向
反時計回り

F1アメリカGP特集