F1イギリスGP 2回目のフリー走行でクラッシュを喫したレッドブル・ホンダのアレックス・アルボンcopyright [email protected]

F1速報︰レッドブル・ホンダのアルボン、クラッシュで赤旗…車体を大きく損傷

  • Published:

日本時間31日(金)23時からシルバーストーン・サーキットで開催されているF1第4戦イギリスGPの2回目のフリー走行。セッション残り45分のところで、レッドブル・ホンダのアレックス・アルボンがクラッシュを喫し、赤旗によりセッションが中断された。

アルボンは右の中速ターン15、通称ストウコーナーでリアのコントロールを失い、グラベルを横切って車体左側から鉄製のガードレールに激突した。心配するチームからの無線の問いかけに対してアルボンは、小さな声で「大丈夫」と答えた。念の為にメディカルカーに乗ってパドックへと戻っていった。

RB16は空力的な課題を抱えており、アルボンはFP1でも同じようにリアを失う瞬間があったが、その際はコースを膨らんで走ることで事なきを得た。だが今回はスピードが出ていた分だけ対応できず、車体を大きく損傷する結果となった。

続報︰イギリスGP FP2結果とダイジェスト

レッドブル・ホンダのクルーは、前戦ハンガリーGPのレース前のグリッド上で卓越した腕前を披露し、限られた時間内にマックス・フェルスタッペンのマシンを修理してみせたが、今度はアルボン側のメカニックの腕が問われる事になりそうだ。とは言え、この状態ではFP2に復帰する事は出来ない。明日のFP3までは十分に時間がある。

エアロダイナミクスの問題を探り、これを解決すべく、レッドブル・ホンダはシルバーストーンに大量の新しいパーツを持ち込んでいる。クラッシュにより1台を失ったことで、チームのプログラムに影響が出る事は避けられない見通しだ。

F1イギリスGP特集