3期目のFIA会長再選を果たしたジャン・トッドcopyright GEPA pictures/Red Bull Content Pool

FIA国際自動車連盟、ジャン・トッドの3期目会長職再選を満場一致で可決

  • 最終更新:

F1を統括するFIA国際自動車連盟は8日、現職のジャン・トッド(71歳/フランス)が次期会長を務める事を発表した。マックス・モズレーの後任として2009年に同職についたトッドにとっては3期目の当選、他に立候補者がなく満場一致での可決となった。在任期間は2021年までとなる。

規約では4期就任を禁止しており、これが最後の任期となる。リバティ・メディア体制となった今のF1は、時代の流れに呼応した新しいスポーツに生まれ変わるべく様々な施策が検討・実施される変革期。マシン外観に大きな影響を及ぼすハロの導入、レースフォーマットの改定やコスト削減、21年以降のエンジン規約など、トッドのこれからの4年間はこれまで以上に難しい舵取りを迫られる。

フォーミュラ1の会長兼CEOのチェイス・キャリーは、トッド再選を歓迎するコメントを発表した。F1の変革には、トッドの協力及びFIAとの良好な関係が不可欠だ。

「ジャンがFIA会長の再選を果たした事について、F1全員を代表して心からお祝い申し上げます。我々は現在ともに協力し仕事にあたっていますが、彼のリーダーシップと一貫性を高く評価しています。今後数カ月、そしてこの後の数年間に渡って、建設的かつ有益な関係を築ける事を楽しみにしています」

再選を果たしたトッドは、世界のモータースポーツ統治機関としてのFIAの役割を再確認するとともに、自動車業界とモータースポーツとの結びつきをより強固なものすべく絶え間ない技術革新を目指していくと表明した。

「全会一致での支持を得ることができ喜んでいます。これは過去8年間に渡って私が陣頭指揮を取り実施してきたプログラムを、さらに推し進めるようにとの信任の現れと考えています」

「モータースポーツには常に調整役が必要であり、公正なプレーが求められます。倫理観と独立した審判員、これはFIAが果たすべき重要な役割であり、将来的にもこれからも継続されなければなりません」

「モビリティとモータースポーツ界の世界のリーダーとしてのFIAが発展し続けていくためには、イノベーションが必要不可欠です。よってこれを促進すべく、我々は”FIAイノベーション・ファンド”の設立を提言したいと思います」

FIAは交通安全を政治的最優先課題と掲げ、フェルナンド・アロンソやフェリペ・マッサ、ニコ・ロズベルグら著名人の賛同を募い3500LIVESキャンペーンを主催している。トッドは、モータースポーツのみならず各国の自動車産業が抱える交通事故等の諸課題の解決にも全力を投じると約束した。

「FIAは各国最大のコンシューマー団体であり、8,000万人のロードユーザーメンバーを抱えています。これは重要なことです。なぜならば、モビリティの未来はエキサイティングであると同時に多くの課題があるためです。我々にはそれを手助けする義務があります。主要都市での渋滞悪化、自動運転車の市場投入、増大するモビリティのコスト、先進国での新たなテクノロジーの開発等、対処すべき多くの問題があります」

「FIAは誰もが受け入れられるような将来の道筋を提示しなくてはなりません。国際自動車連盟がより尊敬に値する組織であるために最善を尽くし続けることを願っています」