2018年版マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットのコースレイアウト図

F1シンガポールGP:マリーナベイ市街地コースの全長が2m減少

  • 最終更新:

F1シンガポールGPの舞台となるマリーナベイ・ストリート・サーキットの一部が改修され、コース全長が2m減少し5.063kmへと変更された。

マリーナベイ・ストリート・サーキットの改修図

ターン17のアウト側に設置されるウォーターフロント・グランドスタンドがコース側に寄った事で、ターン16からターン17のラインが変更となり、結果として1周の総距離が減る事となった。ここはかの有名なクラッシュゲートの現場である。

2018年版マリーナベイ・ストリート・サーキットのコースレイアウト図

今回の変更に伴いレース総距離は308.706kmへと減少。また、コースの一部区間の路面が再舗装されている。DRS区間は前部で二箇所とこちらは変更なし。ピットレーン速度は80km/hではなく60km/hに制限される。

F1シンガポールGP特集