モナコで腕を組み写真撮影に応じるホンダF1の田辺豊治copyright Honda

トロロッソとの提携発表から一年「強固な関係を構築、進化を遂げている」とホンダ / F1シンガポールGP《preview》2018

  • 最終更新:

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターが、2018年FIA F1世界選手権第15戦シンガポールGPに先立って抱負を語った。

昨年の9月15日、ホンダはマクラーレンとのパートナーシップ解消を発表し、新たに中堅の雄スクーデリア・トロ・ロッソにパワーユニット一式を供給する事を発表。提携発表から早くも一年の歳月が過ぎようとしている。

田辺は一年間の活動を振り返り、トロロッソとの関係性がより強固なものになっていると述べた上で、ターゲットとしている水準には達していないものの、チームとして進化を遂げている事を強調。STR13のパッケージ向きであるマリーナ・ベイ市街地コースでのポイント獲得に意欲を示した。

トロロッソ・ホンダは進化を遂げている

田辺 豊治ホンダF1現場責任者

今回のレースの主な特徴は、暑さと湿度、そして決勝が夜間に行われるナイトレースであるという3点です。マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットは23ものコーナーを持つ市街地コースで、その大部分は90度コーナーとなっています。他のグランプリと比較してギアシフトの回数も多く、コーナーを脱出する際に、高いエンジン・ドライバビリティが必要とされます。

蒸し暑い気候に加えて、事実上ストレート区間がないに等しいため一呼吸できるチャンスが少なく、ドライバーの身体的負荷が極めて大きいサーキットでもあります。市街地コースではいつもの事ですが、日曜の決勝レースに向けての準備を整えるためにも、フリー走行で出来る限り多くの周回を重ねることが重要です。

シンガポールは、1年前に我々ホンダがスクーデリア・トロ・ロッソとの新たなパートナーシップを発表した地であり、特別な意味を持つ場所です。提携を発表して以来、私たちはお互いを尊重しつつ強固な関係を作り上げてきました。まだ我々が望んでいるような結果を上げられていませんが、レースでは既に何度か好成績を残しており進歩を遂げています。

正しい方向に向かって歩みを進めていますし、シンガポールは我々のパッケージ向きですので、今週末はさらに良い成果を期待しています。最後になりますが、先日日本では、台風と地震が発生し多くの方が被害に遭いました。ホンダチームを代表して、今回の災害で家族や友人を失った方々にお悔やみを申し上げたいと思います。被災地ができるだけ早く復興することを願っています。


シンガポールGPの戦いの舞台となるのは市街地コースのマリーナベイ・ストリート・サーキット。1周5073mのコースは23ものコーナーから構成され、その内の半分が時速100kmを下回る。

昨年のグランプリでは、メルセデスのルイス・ハミルトンがF1史上初のウェットナイトレースを制し優勝。2位はレッドブルのダニエル・リカルド、3位はバルテリ・ボッタスいう結果だった。

F1シンガポールGPは日本時間2018年9月14日(金)17時30分からのフリー走行1で幕を開ける。

F1シンガポールGP特集