F1メキシコGP公式予選、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのオンボード映像比較

1000分の26秒差を分けたものとは?F1メキシコGP予選、フェルスタッペン VS リカルド 最速オンボード映像比較

  • 最終更新:

1000分の26秒差を分けたものは何だったのか?F1公式Youtubeアカウントは、27日に開催されたF1第19戦メキシコGP公式予選でのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのQ3最速ラップのオンボード映像を比較した動画を公開した。

フェルスタッペンは、今回の予選で史上最年少ポールシッター記録を打ち破るチャンスに恵まれたものの、ルノー製F1パワーユニットのドライバビリティの悪さに阻まれ、0.026秒というごく僅かの差でチームメイトのリカルドにポールポジションを譲る事となった。リカルドは1分14秒759、フェルスタッペンは1分14秒785というタイムであった。

ホームストレートを抜けてのターン3の時点では、フェルスタッペンがリカルドに対して0.2秒もの大量リードを構築。前半部分でのコーナーへの進出速度はフェルスタッペンの方が圧倒的に速く、徐々に差が広がっていった。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットのコースレイアウト図 2018年版

リカルドが攻勢に転じたのは第2セクターに入った後のターン7から。その後はコーナー毎にギャップを縮め、第3セクターに入った所で0.188秒逆転。だが、スタジアムセクションに入る直前のターン12で小さなミスを喫し、フェルスタッペンにまたも先行を許した。

勝敗を決めたのはロングストレートへと続くターン16。リカルドはフェルスタッペンよりも先にスロットルを開く事に成功し、その後に続く最終ターン17で一気にチームメイトの前へと躍り出た。

F1メキシコGP公式予選、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのオンボード映像比較

F1メキシコGP特集