2018年オーストラリアGPの表彰台、シャンパンファイトするハミルトン、ベッテル、ライコネンcopyright Pirelli

F1レギュレーション-ポイント制度とチャンピオンシップ編

  • 最終更新:

F1レギュレーションの中から、チャンピオンシップポイント及び選手権そのものに関連する主だったルールを厳選しその要点を以下にまとめる。

チャンピオンシップについて

  • ドライバー選手権と、コンストラクター選手権の2つで構成される
  • 選手権のタイトルはエンジン製造者ではなく車両の製造者に与えられる
  • チーム名称: 車体製造車名の後にエンジン製造車名を置くこと
  • 選手権の競技会数は最多21戦、最少8戦
  • カレンダーは、毎年1月1日までにFIAが発表する
  • 参戦希望チームは、前年の10月21日から11月1日の間にFIAへ書類を提出
  • 参戦は最大13チームまで、各チーム毎に2台をエントリー

レースディスタンスについてのルール

  • 各グランプリのレース走行距離は最低限305km以上
  • モナコGPは唯一の例外、260kmを超える最小周回数がレース周回
  • セーフティーカー先導でフォーメーションラップが行われる場合、その周回はレース周回数に含む
  • 出走台数が12台未満の場合、イベントの中止が可能
  • 決勝レースは合計2時間以内。超過の場合は2時間が経過した周回でチェッカー
  • 中断が発生した場合、中断時間分を含め計4時間

ポイントについてのルール

ポイント配分

  • 1位:25点
  • 2位:18点
  • 3位:15点
  • 4位:12点
  • 5位:10点
  • 6位:8点
  • 7位:6点
  • 8位:4点
  • 9位:2点
  • 10位:1点

なお、レースが中断され再開不能の場合、レース距離の75%以上が完了していればフルポイント、2周以上75%未満の場合ハーフポイント、2周未満の場合ノーポイントとなる。レースの90%以上を完了したドライバーは、チェッカー時の走行状態を問わず完走扱い。

同着の場合

シーズン終了時に同一ポイントが発生する場合は、以下の方法で勝者を設定する。

  1. 優勝回数が一番多い者
  2. 優勝回数が同一の場合、2位の回数が一番多い者。以下同
  3. 上記で決しない場合、FIAが勝者を決定

手短に分かりやすく2019年のF1レギュレーションを知りたい方は「主要変更点のまとめ」を、より詳しくルールの全体像を知りたい方は「完全網羅版」を合わせて参照されたい。