2018年 FIA F3選手権第8戦ニュルブルクリンクで優勝したミック・シューマッハcopyright FIA F3

フェラーリ、ミック・シューマッハとの契約を正式発表!跳ね馬の一員として2020年のF1デビュー目指す

  • 最終更新:

スクーデリア・フェラーリは19日、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子、ミック・シューマッハ(19歳)が若手ドライバー育成プログラムの「フェラーリ・ドライバー・アカデミー」(FDA)に加入した事を正式発表した。

ミック・シューマッハは今年、F1で最も著名かつ長い歴史を持つフェラーリのバックアップを受けながら、プレマ・レーシングからF1直下のカテゴリーであるFIA-F2選手権2に参戦。2020年以降のF1デビューを目指す事になる。

「フェラーリのパートナーシップに加入する事になり本当に胸が高まっている」とミック・シューマッハ。「FDAとスクーデリア・フェラーリの一員となる事で、モータースポーツにおける僕の将来は”赤”で染まることになる。マラネロに蓄積された膨大な専門知識が得られるという事だけでなく、これは僕の次のステップとして正しい方向だと思っている」

「F1でレースをするという夢を叶えるために役に立つものであれば何であれ、最大限に有効活用するつもりだ。生まれた時からずっと、フェラーリは僕の中で極めて大きな存在であり続けてきたし、それは僕ら家族にとってもそうだった。だから、今回このような機会を得られたことを嬉しく思っている」

「まだ夢が叶ったわけではないけど、僕がここに辿り着くために支え続けてくれた家族や友人、そしてパートナーにお礼を言いたい」

フェラーリとミック・シューマッハとの間の契約には、2019シーズンのF1公式テストにおける2度の出走が含まれていると噂されているが、この件についての発表は行われなかった。レギュレーションではシーズンテストの内2日間を若手ドライバーに割り当てる事と定めており、ミックが今年F1マシンを駆る可能性は極めて高い。

フェラーリは現在、同じFCA傘下のアルファロメオがスポンサーを務めるザウバーと、アメリカに本拠地を置くハースの2チームに1.6リッターV6ハイブリッド・ターボエンジンを供給しており、テストでステアリングを握る可能性が高いのはこの2チームのいずれかだろう。

ミック・シューマッハは世間の注目を避けるために偽名を使ってキャリアをスタート。2013年に父ミハエルがスキー事故で頭部損傷を負った後にようやく本名を明らかにし、F4選手権でシングルシーター・デビューを果たした。

その後、イタリアF4選手権を経て2017年にプレマ・パワーからヨーロッパF3選手権にステップアップ。昨年はプレマ・セオドールチームに移籍し、ポールポジション7回、優勝8回、ポディウム13回を獲得。父ミハエルから受け継いだ皇帝のDNAを覚醒させ王座を掴み取った。

マウリツィオ・アリバベーネに代わって、今年新しくスクーデリアのチーム代表に就任したマッティア・ビノットは「生まれた時から彼の事を知っている私のような者からすれば、ミックをフェラーリの一員として迎え入れる事は非常に感慨深い」と述べた。ビノットは、1997年から2003年にかけて跳ね馬のレースチーム部門で働き、ミックの父ミハエルの選手権5連覇を影で支えていた。

「そういった背景はあれども、我々が彼を選んだのは、才能と人間性、そして高いプロフェッショナル精神が理由だ。彼はまだ若いが、この点で既に確立されている」

2019年のフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーは以下の通り。括弧内は2019年の参戦カテゴリー。

  • ミック・シューマッハ(FIA F2)
  • ジュリアーノ・アレジ(FIA F2)
  • カラム・アイロット(FIA F2)
  • マーカス・アームストロング(FIA F3)
  • ロバート・シュワルツマン(FIA F3)
  • エンツォ・フィッティパルディ(欧州F3)
  • ジャンルカ・ペトコフ(独・伊F4)