2020年インディカー・シリーズ第8戦ゲートウェイ・レース1で表彰台に上がったスコット・ディクソン、佐藤琢磨、パトリシオ・オワードcopyright Indycar

インディカー第8戦ゲートウェイ Race1︰佐藤琢磨、惜しくも優勝を逃す2位表彰台「レースにミスは付き物」クルーを擁護

  • Published: Updated:

2020年NTTインディカー・シリーズ第8戦ボムマリート・オートモーティブ・グループ500のレース1が、米国イリノイ州現地8月29日(土)にワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイ・アット・ゲートウェイで行われ、スコット・ディクソンが今季4勝目、通算50勝目を上げた。

予選5番グリッドからスタートしたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨は、燃費を重視した戦略的なレースを展開。175周目の最後のピットストップで右リアタイヤが外れずタイムをロスした事でポジションを落とす格好となったが、”No Attack No Chance”の信念を貫き、新人パトリシオ・オワード(マクラーレンSP)に対して鳥肌が立つような鋭い大外刈りを決めて2番手に浮上。トップを行くディクソンの背後で牙を剥いたが、0.1404秒届かなかった。

3番手スタートで平均時速143.522km/hを記録して勝利を飾ったディクソン。佐藤琢磨の後方3位にはオワードが、4位にはコルトン・ハータ(アンドレッティ・ハータ)、5位にはマーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)が続く結果となった。

ランキング首位の座を更に強固なものとしたディクソンは「最高だ」とレースを振り返った。

「クルーの皆には感謝してもしきれない。終始素晴らしいレースだった。最後にサトーが来るだろうとは思っていたけど、彼がこんなにも速いとは思わなかった。僕らがリザーブモードでエンジンをケアしている時に、彼が物凄い勢いで攻めてきたんだ。先週のインディアナポリスは少し残念(2位)だったから、今回勝てて良かったよ」

人差し指を突き上げるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2020年インディカー・シリーズ第8戦ゲートウェイ・レース1にて
© Indycar

ピットミスがなければ優勝の可能性もあっただけに、クルマを降りた直後の佐藤琢磨は深く肩を落としていたが、落ち着きを取り戻すと「チームは素晴らしい仕事をしてくれました。それは明らかです」と語り、仲間のクルーを擁護した。

「レース序盤はマシンの感触がキマっておらず、幾つか順位を落としてしまいましたが、今日の僕らには強さがありました。ガナッシとディクソンを祝福したいと思います。素晴らしい勝利でした」

ピットレーンでのトラブルがなければ、このレースに勝てたか?と問われた佐藤琢磨は「こうした事はしばしば起こるものです。僕自身がミスをすることもありますし、メカニカルトラブルが起こることもあります。フラストレーションが溜まるものだった事は確かですが、僕らは1つのチームです。チームの皆は2週連続で素晴らしい仕事をしてくれました。彼らを本当に誇りに思っています」と答えた。

佐藤琢磨は41ポイントを計上し、ランキング6位から4位へと浮上した。同3位につけるオワードまでは僅か8ポイントだ。

佐藤琢磨のピットストップ作業を行うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのクルー、2020年インディカー・シリーズ第8戦ゲートウェイ・レース1にて
© Indycar / 佐藤琢磨のピットストップ作業を行うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのクルー

レースはドライコンディションでグリーンフラッグを迎え、1周1.25マイルのコースを200周、距離にして402kmで争われた。レース中盤の108周目に路面に雨粒が落ちてきたため、120周目まではイエローが振られペースカーが隊列を先導した。

注目のオープニングラップでは、グリーンフラッグを前にしたターン4で多重クラッシュが発生。いきなりフルコースイエローとなる波乱のスタートとなった。

事故はオリバー・アスキュー(マクラーレンSP)がシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)に追突する形で発生し、ザック・ビーチ、マルコ・アンドレッティ、アレクサンダー・ロッシのアンドレッティ・オートスポーツ勢と、エド・カーペンター(エド・カーペンター)の4台がクルマを止めた。

スタート直前に発生した多重クラッシュ、2020年インディカー・シリーズ第8戦ゲートウェイ・レース1にて
© Indycar

30日(日)のレース2では、佐藤琢磨がポールポジションからスタートする。

2020年のインディカー・シリーズは、例年通りCS放送のGAORA SPORTSで生放送される。視聴には「スカパー!」の他、ケーブルテレビの「J:COM」や光回線を使った「ひかりTV」「auひかり」なら、面倒なアンテナ設置なしでインディカーを楽しむ事もできる。

スカパー!

2020 IndyCar第8戦ゲートウェイ・レース1決勝順位結果

Pos. Start Driver Gap
1 3 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
–.—-
2 5 佐藤琢磨
RLL Racing
0.1404
3 2 パトリシオ・オワード
McLaren SP
7.0052
4 10 コルトン・ハータ
Andretti
7.7019
5 4 マーカス・エリクソン
Chip Ganassi
8.3504
6 14 リーナス・ヴィーケイ
Ed Carpenter
12.4145
7 8 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
13.0556
8 12 フェリックス・ローゼンクビスト
Chip Ganassi
13.8107
9 21 トニー・カナーン
A.J. Foyt
15.0319
10 16 コナー・デイリー
Ed Carpenter
15.6721
11 7 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank
16.26
12 6 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
16.8155
13 18 チャーリー・キンボール
A.J. Foyt
21.4079
14 15 オリバー・アスキュー
McLaren SP
24.0143
15 11 アレックス・パロウ
Dale Coyne
24.6954
16 20 サンティノ・フェルッチ
Dale Coyne
27.0938
17 1 ウィル・パワー
Team Penske
2 lap
18 22 グレアム・レイホール
RLL Racing
76 lap
19 13 シモン・パジェノー
Team Penske
133 lap
20 17 エド・カーペンター
Ed Carpenter
197 lap
21 23 ザック・ビーチ
Andretti
198 lap
22 9 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
200 lap
23 19 マルコ・アンドレッティ
Andretti
200 lap