スタート直後の様子、2019年インディカー・シリーズ第14戦ポコノ決勝レースにてcopyright Indycar

2021年 インディカー開催スケジュールと参戦ドライバー及びチーム・テレビ視聴方法

  • Updated:

26回目のシーズンを迎える2021年のNTTインディカー・シリーズ(IndyCar Series)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で14戦に留まった昨季より2戦多い全16戦で争われる。

米国オープン・ホイールの公式チャンピオンシップとしては110シーズン目。ファイアストンは2019年2月にインディカーとの契約を2025年まで延長。21年シーズンも変わらず公式タイヤサプライヤーを務める。

昨シーズンからの主な変更点

ハルマン・アンド・カンパニー社に代わり、ロジャー・ペンスキー統治体制下での2シーズン目を迎える2021年は本来、次世代シャシーとエンジンが導入される予定であったが、COVID-19パンデミックの影響で22年に延期された。

今季も全車が第4世代シャシー、ダラーラIR12を使用し、シボレーまたはホンダエンジンを搭載してファイアストンタイヤを履く。

なおシーズン開幕を前にインディカー・シリーズは、公式モーターオイルおよび潤滑油パートナーとしてシェル傘下のペンズオイルとの複数年契約を発表した。ペンズオイルは2012年よりシボレーエンジンに使われてきた。

開催日程カレンダー

オーバル3戦、市街地4戦、常設ロードコース7戦の計16戦で構成される。

当初はフロリダ州セント・ピーターズバーグで開幕が予定されていたが、COVID-19の感染拡大を受けてカレンダーの再編が行われ、4月18日のバーバー・モータースポーツ・パークがその役を引き継ぐ事となった。

また7月9日~11日に予定されていたカナダ・トロントでの市街地戦も中止を余儀なくされた。

世界三大レースの一つである第105回インディアナポリス500マイルレースは5月30日(日)に開催される。同じIMSのロードコースで開催されるインディアナポリスGPは、5月と8月に2度に渡って開催される。

チャンピオンを決する最終戦は9月26日にロングビーチで行われる。

ラウンド 日程 開催地 種別
第1戦 4月18日 バーバー ロード
第2戦 4月25日 St.ピーターズバーグ ストリート
第3戦 5月1日 テキサス1 オーバル
第4戦 5月2日 テキサス2 オーバル
第5戦 5月15日 IMSロード1 ロード
第6戦 5月30日 インディ500 オーバル
第7戦 6月12日 デトロイト1 ストリート
第8戦 6月13日 デトロイト2 ストリート
第9戦 6月20日 ロードアメリカ ロード
第10戦 7月4日 ミッドオハイオ ロード
第11戦 8月8日 ナッシュビル ストリート
第12戦 8月14日 IMSロード2 ロード
第13戦 8月21日 ゲートウェイ オーバル
第14戦 9月12日 ポートランド ロード
第15戦 9月19日 ラグナセカ ロード
第16戦 9月26日 ロングビーチ ストリート

テレビ放送

2021年のインディカー・シリーズは、例年通りGAORA SPORTSで生放送される。視聴には「スカパー!」の他、光回線を使った「ひかりTV」「auひかり」なら、面倒なアンテナ設置なしでインディカーを楽しむ事もできる。更に今季からはHulu ライブTVでもストリーミング配信される。

スカパー!

参戦チームとドライバー

全チームがユニバーサルエアロキットとファイアストンタイヤを装着したダラーラIR18シャーシを使用する。エンジンサプライヤーはホンダとシボレーの2社。

シリーズフル参戦は20台で、インディ500には35台が参戦する見通し(5月現在)。佐藤琢磨はレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL Racing)との契約を更新し、同チームとの通算5シーズン目に臨む。なおRLLはインディ500にサンティノ・フェルッチを加えた3台体制で臨む。

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2021年4月9日インディ500オープンテストにてCourtesy Of Indycar

佐藤琢磨、2021年4月9日インディ500オープンテストにて

前年王者スコット・ディクソン擁するチップ・ガナッシはアレックス・パロウを起用。フェリックス・ローゼンクヴィストはマクラーレSPに移籍した。また、NASCARで7度のチャンピオンに輝いたジミー・ジョンソンが2021年と2022年にロード及びストリートを担当する。

チップ・ガナッシからインディカーマシンのテストに臨むジミー・ジョンソン、2020年7月Courtesy Of Indycar

チップ・ガナッシからインディカーマシンのテストに臨むジミー・ジョンソン、2020年7月

チームペンスキーは、3度のスーパーカーチャンピオン、スコット・マクラフランを起用。2017年以来となる4台体制でシーズンを戦う。

デイル・コイン・レーシングはロード及びストリートのスペシャリストとして元ハースF1のロマン・グロージャンを起用。オーバルを含む4レースはピエトロ・フィッティパルディがステアリングを握る。

デイル・コイン・レーシングのロマン・グロージャン、2021年4月17日インディカー開幕アラバマGP、バーバー・モータースポーツ・パークにてCourtesy Of Indycar

ロマン・グロージャン、2021年4月17日インディカー開幕アラバマGPにて

ドラゴン・スピードは撤退。シャシーはジャック・ハーベイを継続するメイヤーシャンクに売却された。なおエリオ・カストロネベスが2台目でインディ500を含む6レースを戦う。

全戦フル参戦するドライバーは以下の通り。

チーム エンジン ドライバー
A.J.フォイト・エンタープライズ シボレー ダルトン・ケレット
セバスチャン・ブルデー
アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ コルトン・ハータ
アレクサンダー・ロッシ
ライアン・ハンター=レイ
ジェームズ・ヒンチクリフ
マクラーレン・レーシングSP シボレー パトリシオ・オワード
フェリックス・ローゼンクヴィスト
チップ・ガナッシ ホンダ スコット・ディクソン
アレックス・パロウ
マーカス・エリクソン
デイル・コイン ホンダ エド・ジョーンズ
エド・カーペンター シボレー リーナス・ヴィーケイ
メイヤー・シャンク ホンダ ジャック・ハーベイ
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング ホンダ グレアム・レイホール
佐藤琢磨
チーム・ペンスキー シボレー ジョセフ・ニューガーデン
ウィル・パワー
シモン・パジェノー
スコット・マクラフラン

第105回インディ500

伝統の一戦は昨年、COVID-19の影響で無観客試合を強いられたが、今季はマリオン郡公衆衛生局の承認を得て、会場収容人数の40%にあたる約13万5千人の観客動員を想定する

エントリーリスト

35台のマシンがエントリー。インディ500のグリッド数は33台で、昨年はエントリーした33台が全てが予選通過を果たして決勝レースを戦ったが、今季は2台が予選落ち=バンプアウトする事になる。

2017年と2020年に優勝を果たし、2001-02年のエリオ・カストロネベス以来の連覇、そして40歳越えのドライバーとして史上初の3度目の勝利を狙う佐藤琢磨(44歳)を含めて、エントリーリストには9名の歴代インディ500ウィナーが並ぶ。

No. Driver
Hometown
Team
Engine
1 JR.ヒルデブランド
Sausalito, California
A.J. Foyt Enterprises
Chevrolet
2 ジョセフ・ニューガーデン
Nashville, Tennessee
Team Penske
Chevrolet
3 スコット・マクラフラン
Christchurch, New Zealand
Team Penske
Chevrolet
4 ダルトン・ケレット
Stouffville, Canada
A.J. Foyt Enterprises
Chevrolet
5 パトリシオ・オワード
Monterrey, Mexico
Arrow McLaren SP
Chevrolet
6 エリオ・カストロネベス
Sao Paulo, Brazil
Meyer Shank Racing
Honda
7 フェリックス・ローゼンクビスト
Värnamo, Sweden
Arrow McLaren SP
Chevrolet
8 マーカス・エリクソン
Kumla, Sweden
Chip Ganassi Racing
Honda
9 スコット・ディクソン
Auckland, New Zealand
Chip Ganassi Racing
Honda
10 アレックス・パロウ
Barcelona, Spain
Chip Ganassi Racing
Honda
11 チャーリー・キンボール
Camarillo, California
A.J. Foyt Enterprises
Chevrolet
12 ウィル・パワー
Toowoomba, Australia
Team Penske
Chevrolet
14 セバスチャン・ブルデー
Le Mans, France
A.J. Foyt Enterprises
Chevrolet
15 グレアム・レイホール
New Albany, Ohio
Rahal Letterman Lanigan Racing
Honda
16 シモーナ・デ・シルベストロ
Thun, Switzerland
Paretta Autosport
Chevrolet
18 エド・ジョーンズ
Dubai, United Arab Emirates
Dale Coyne Racing with Vasser Sullivan
Honda
20 エド・カーペンター
Indianapolis, Indiana
Ed Carpenter Racing
Chevrolet
21 リーナス・ヴィーケイ
Hoofddorp, Netherlands
Ed Carpenter Racing
Chevrolet
22 シモン・パジェノー
Montmorillon, France
Team Penske
Chevrolet
24 セージ・カラム
Nazareth, Pennsylvania
Dreyer & Reinbold Racing
Chevrolet
25 ステファン・ウィルソン
Sheffield, England
Andretti Autosport
Honda
26 コルトン・ハータ
Valencia, California
Andretti Autosport w/ Curb-Agajanian
Honda
27 アレキサンダー・ロッシ
Nevada City, California
Andretti Autosport
Honda
28 ライアン・ハンター=レイ
Fort Lauderdale, Florida
Andretti Autosport
Honda
29 ジェームズ・ヒンチクリフ
Toronto, Canada
Andretti Steinbrenner Autosport
Honda
30 佐藤琢磨
Tokyo, Japan
Rahal Letterman Lanigan Racing
Honda
45 サンティノ・フェルッチ
Woodbury, Connecticut
Rahal Letterman Lanigan Racing
Honda
47 コナー・デイリー
Noblesville, Indiana
Ed Carpenter Racing
Chevrolet
48 トニー・カナーン
Salvador, Brazil
Chip Ganassi Racing
Honda
51 ピエトロ・フィッティパルディ
Sao Paulo, Brazil
Dale Coyne Racing with RWR
Honda
59 マックス・チルトン
Reigate, England
Carlin
Chevrolet
60 ジャック・ハーベイ
Bassingham, England
Meyer Shank Racing
Honda
75 RC・エネルソン
New Port Richey, Florida
Top Gun Racing
Chevrolet
86 ファン・パブロ・モントーヤ
Bogota, Colombia
Arrow McLaren SP
Chevrolet
98 マルコ・アンドレッティ
Nazareth, Pennsylvania
Andretti Herta-Haupert w/Marco & Curb-Agajanian
Honda

チャンピオンシップ ポイントシステム

選手権はドライバーとエンジンマニュファクチャラーの2つ。シーズン閉幕時に最も多くのランキングポイントを獲得した者がNTTインディカーシリーズのチャンピオンとなる。

同点の場合は優勝回数でチャンピオンを決定する。それでも同点の場合は2位、3位とチャンピオンが決まるまで同じ採点を繰り返す。

なおインディアナポリス500マイルレースはダブルポイントとなる。予選上位9名(ファストナイン)に対してはポールシッターに9ポイント、2位に8ポイント…9位に1ポイントが付与される。

フィニッシュ順位別獲得ポイント

ポールアワードは1点。1周でもリードラップを刻めば1点。最多リードラップは2点。

順位 ポイント
1位 50
2位 40
3位 35
4位 32
5位 30
6位 28
7位 26
8位 24
9位 22
10位 20
11位 19
12位 18
13位 17
14位 16
15位 15
16位 14
17位 13
18位 12
19位 11
20位 10
21位 9
22位 8
23位 7
24位 6
25位以下 5

エンジンマニュファクチャラー選手権

各レースにおける各々の陣営のフル参戦ドライバーの内、上位2名の獲得ポイントをシーズンを通して合算していく。なお、各レースでポールポジションを獲得したエンジンメーカーには1ポイント、優勝メーカーには5ポイントが与えられる(インディ500を除く)。

インディ500においてはポールポジションを獲得したエンジンメーカーに2ポイント、予選初日の最速エンジンメーカーに1ポイントが与えられる。またインディ500決勝レース中に2,000マイルの走行距離を達成したエンジンメーカーには、インディ500で獲得したマニュファクチャラーポイントと同数の追加ボーナスポイントが与えられる。