2021年5月30日第105回インディ500決勝スタート直後の様子
Courtesy Of Indycar

インディ500決勝速報:エリオ・カストロネベスが史上4人目の4勝快挙!佐藤琢磨は”奇策”実らず14位

  • Published:

世界三大レースの一つ、2021年第105回インディ500決勝レースが米国現地5月30日(日)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)で行われ、エリオ・カストロネベス(メイヤーシャンク)が4度目の制覇を成し遂げた。

インディ500での通算4勝は、A.J.フォイト、アル・アンサー、リック・メアーズに続く史上4人目の快挙で、46歳、スポット参戦での歴史的優勝に、会場に詰めかけた13万5千人の観客は大喝采を浴びせた。

詳報:佐藤琢磨、”不服”の黄旗戦略

2001-02年と09年のインディ500ウィナーは、60号車ダラーラ・ホンダを駆り残り2周でトップに。そのまま後続を退けトップチェッカーを受けた。マイヤー・シャンク・レーシングにとっては初のインディ500勝利となった。

カストロネベスは恒例のフェンス登りをした後、フロントストレッチを駆け足で回ってファンの声援に応えた。マリオ・アンドレッティやウィル・パワー、マルコ・アンドレッティをはじめとする多くのドライバー、かつての盟友達が祝福した。

2位はカストロネベスと最後まで接戦を演じたアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)、3位は26番グリッドからの大躍進を果たしたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)という結果となった。

恒例のドライバー紹介で一際大きい歓声を浴びた佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、2001-02年のカストロネベス以来の連覇、通算3勝目を目指して15番グリッドからスタート。黄旗狙いの奇策に打って出て、残り7周でトップに立つも燃料が持たず、最終14位でフィニッシュした。

NHK、インディ500を31日に放送

ポールポジションからスタートしたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は序盤のイエローコーション下で燃料切れに。緊急ピットインを行なうもエンジンが再点火しないトラブルの影響で早々に戦線離脱を強いられ17位と、失望の結果に終わった。

リタイヤは3台。シモーナ・デ・シルベストロ、グレアム・レイホール、ステファン・ウィルソンがチェッカーを受ける事なくレースを終えた。