第三戦ロングビーチで優勝したアレキサンダー・ロッシcopyright indycar.com

Indycar 第3戦ロングビーチ順位結果:ポールのロッシ圧勝、不運断ち切れず佐藤琢磨「速さがあっただけに本当に悔しい」

  • 最終更新:

カルフォルニア州ー 44回目の開催となる伝統のロングビーチGP(TOYOTA GRAND PRIX OF LONG BEACH)が現地年4月15日、日本時間6日(月)早朝に行われ、ポールシッターのアレキサンダー・ロッシ(Andretti)が他を寄せ付けない速さを見せつけ、キャリア通算3勝目を上げた。2位表彰台はウィル・パワー(Penske)、3位はエド・ジョーンズ(Chip Ganassi)が続き、ホンダ勢が強さをみせた。

バンピーな市街地コースに合わせ込まれたアンドレッティのマシンは抜群のスタビリティを発揮、4度に渡るフルコースイエローに翻弄される事もなく、レースを終始リードし続けた。ロッシとしては開幕から3戦連続となる表彰台。累計126ポイントを稼ぎドライバーランキング1位に躍り出た。

高いマシンポテンシャル有するにも関わらず、トラフィックの影響でグリッド後方に沈んだ佐藤琢磨。22番グリッドから巻き返しを図り、全車一回目のピットストップ終えた37週目に9番手にまで急浮上、怒涛の追い上げを見せた。

だが、シーズン開幕から続く不運の連鎖断ち切れず、2回目のフルコースイエローからのリスタートとなった47週目、前走5番手のライアン・ハンター=レイが突如挙動を乱し接触。フロント左サスペンションアームを破損し緊急ピットインを余儀なくされた。ピットストップ作業は難航し、11ラップダウンとなった59周目にピットアウト。21位でフィニッシュした。

「凄い残念です」と佐藤琢磨。「本人も何が起きたか分かっていないようでしたが、ハンターレイが半分ハイサイドのような形になってしまって。避けたんですけど、当たりどころが悪かったですね。珍しい事故でした。直線スピードを稼ぐセッティングにしていて、ポジションも徐々に上がってペースも悪くなかっただけに悔しいです」

「あのまま走れていればかなり良い位置でフィニッシュできたでしょうから、本当に残念。それだけの速さがありました。予選はマルコ・アンドレッティの進路妨害があったためにタイムが出せなかっただけであって、マシンはトップ10に入るだけの力があったと思います。不運が重なっていて良くない流れですけど、学んでいることは多いしポジティブな面も多いので次のレースに期待したいと思います」

シーズン3戦目もまた、オープニングラップからアクション満載の波乱のレースとなった。スタート直後、琢磨のチームメイトのグラハム・レイホールがシモン・パジェノー(Penske)のリアに激突。早くもフルコースイエローが提示された。23周目には、好調のルーキー、ロバート・ウィッケンズ(SCHMIDT PETERSON)がマシントラブルで脱落。

61週目にはザカリー・クレマン・デ・メロ(DALE COYNE)がコンクリート・ウォールにクラッシュし再びイエロー。72周目、強引にインに飛び込んだジョーダン・キング(ED CARPENTER)に突かれる形で、前戦勝者のセバスチャン・ブルデー(DALE COYNE)がスピン。終わってみれば、計4度のフルコースイエローが各ドライバーを翻弄した形となった。

インディカー第3戦ロングビーチ順位結果

Pos. Driver TOTAL TIME
1 アレキサンダー・ロッシ 01:53:15.2434
2 ウィル・パワー 01:53:16.4847
3 エド・ジョーンズ 01:53:24.5340
4 ザック・ビーチ 01:53:25.3484
5 グラハム・レイホール 01:53:25.9900
6 マルコ・アンドレッティ 01:53:26.7947
7 ジョセフ・ニューガーデン 01:53:27.4609
8 トニー・カナーン 01:53:31.3482
9 ジョームズ・ヒンチクリフ 01:53:31.7191
10 チャーリー・キンボール 01:53:32.2553
11 スコット・ディクソン 01:53:32.5735
12 ジャック・ハーベイ 01:53:33.5903
13 セバスチャン・ブルデー 01:53:34.1877
14 マティアス・レイスト 01:53:34.1900
15 スペンサー・ピゴット 01:53:36.6326
16 カイル・カイザー 01:53:41.1461
17 マックス・チルトン 01:53:42.5033
18 ジョーダン・キング 01:53:50.1817
19 ギャビー・チャベス 01:53:44.5007
20 ライアン・ハンターレイ 01:54:13.9227
21 佐藤琢磨 01:53:35.2450
22 ロバート・ウィッケンズ 01:53:54.4402
23 ザカリー・クレマン・デ・メロ 01:14:43.2912
24 シモン・パジェノー 00:00:00.1059