2021年4月25日、セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGP表彰台に立ったアンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータ、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンとシモン・パジェノーにてCourtesy Of Indycar

インディカー第2戦決勝:ハータが父に並ぶ4勝目…佐藤琢磨、怒涛の追い抜きで充実6位「素晴らしいレースができた」

  • Published: Updated:

2021年NTTインディカー・シリーズ第2戦ファイアストンGP決勝レースが4月25日(日)にセント・ピーターズバーグ市街地コースで行われ、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポーツ)が圧倒的な速さで今季初優勝を飾った。

まさに圧勝だった。ポールポジションからスタートしたハータは100周の中の97周でラップをリードし、2度のシリーズチャンピオンであるジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)に2.4933秒差をつけてトップチェッカーを受けた。

アンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータと父ブライアン、母ジェネッタと弟カーデン、2021年4月25日インディカー第2戦ファイアストンGPにてCourtesy Of Indycar

アンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータと父ブライアン、母ジェネッタと弟カーデン

参戦3シーズン目でのキャリア4度目の優勝によってハータは、現在アンドレッティ・オートスポーツでレース戦略を担当している父、ブライアンのINDYCARシリーズ通算勝利数に並ぶ事となった。

3位はシモン・パジェノー。伝統的にセント・ピーターズバーグを得意とするチーム・ペンスキー2台が2-3を占め、4位にフロントロウ2番手のジャック・ハーベイ(メイヤーシャンク)が、そして5位にディフェンディング王者のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が続く結果となった。

2021年セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGPを戦うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング30号車を駆る佐藤琢磨、2021年4月25日Courtesy Of Indycar

ファイアストンGPを戦う佐藤琢磨、2021年4月25日

15番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は1周目を終えてスコット・マクラフリン(チーム・ペンスキー)とアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)を交わして13番手にポジションを上げると、第一スティントで次々とライバルを交わしディクソンを射程に。ただ仕留めるまでには至らず、迫るマーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)を抑えて9ポジションアップの6位と大健闘のレースを戦った。

レースを終えた佐藤琢磨は「素晴らしいレースができたと思います」と語った。

「チームは戦略面で上手くやってくれました。ブラック、オルタネートのレッド、そして最後に再びブラックタイヤを装着しました。僕らにとって正しい戦略だったと思います」

「ボディワークに若干損傷があったため、幾らかダウンフォースを失い、ドラッグも多少増えていたと思いますが、マシンバランスは良好でした」

「ディクソンを捕まえるためハードにプッシュしましたが、今日の彼は速かったです」

「全般的に言って、チームは予選を経て素晴らしい仕事をしてくれたと思います。次のテキサスでのレースが楽しみです」

ピットストップを行うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2021年セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGPにて、2021年4月25日Courtesy Of Indycar

ピットストップを行うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2021年セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGPにて、2021年4月25日

フロリダ州セント・ピーターズバーグのダウンタウンにある1.8マイル、14ターンの仮設ストリート・サーキットはこの日、強い日差しに見舞われ気温と湿度が上昇。予選5番手のセバスチャン・ブルデー(A.J.フォイト)がスタート前グリッドでトラブルを抱えたが、オープニングラップは大きな混乱もなく、ハータがホールショットを奪った。

最初のイエローは16周目。ジミー・ジョンソン(チップ・ガナッシ)が最終コーナーでバリアに突っ込みローカルイエローが出されたが、スタックして身動き取れない状況であったため、その後、18周目にフルコースイエローに変更された。

23周目にリスタートを迎えると、佐藤琢磨がターン1でジェームズ・ヒンチクリフ(アンドレッティ)をパス。この際にホイール同士が接触し、ヒンチクリフは右フロントをパンクして予定外のピットストップを強いられた。

レースを終えたヒンチクリフは「忍耐を欠き才能を失ったタクマ」が自身のレースを台無しにしたと不満をあらわにした。

佐藤琢磨はその後、ヒンチクリフの僚友ライアン・ハンター=レイをオーバーテイクし、3ワイドになったリーナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター)とパトリシオ・オワード(マクラーレンSP)をWパス。一気にトップ9に踏み込んだ。

37周目には、トップ10を走行していた佐藤琢磨の僚友グレアム・レイホールとアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ)がターン4のブレーキングで接触。幸いにも両車レースに復帰したが、ともに大きくポジションを落として戦線離脱を余儀なくされた。

74周目にはジョンソンが再びスピンを喫して2度目のフルコースイエローに。隊列はリセットされ残り23周でリスタートを迎えたものの、オーバーテイクしようと無理やりイン側に飛び込んだエド・ジョーンズ(デイル・コイン)がヒンチクリフの横腹に突っ込み、80周目に再びペースカーの出番となった。

レースは残り18周でリスタート。レッドタイヤを履くニューガーデンが追い込みかけるも届かず、ハータが堂々のトップフィニッシュを飾った。

2021年4月25日のインディカー第2戦セント・ピーターズバーグでのファイアストンGPでトップチェッカーを受けるアンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータCourtesy Of Indycar

2021年4月25日のインディカー第2戦セント・ピーターズバーグでのファイアストンGPでトップチェッカーを受けるアンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータ

シーズン最初のオーバルイベントとなるインディカー第3戦は、来週末の5月1日(土)及び2日(日)にダブルヘッダー戦としてテキサス・モーター・スピードウェイで開催される。

2021年4月25日、セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGPで優勝杯を掲げるアンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータCourtesy Of Indycar

2021年4月25日、セント・ピーターズバーグでのインディカー第2戦ファイアストンGPで優勝杯を掲げるアンドレッティ・オートスポーツのコルトン・ハータ

2021年4月25日に行われたインディカー第2戦セント・ピーターズバーグでのファイアストンGPレース1周目のターン1Courtesy Of Indycar

2021年4月25日に行われたインディカー第2戦セント・ピーターズバーグでのファイアストンGPレース1周目のターン1

2021年INDYCARセント・ピーターズバーグ決勝結果

Pos. Start Driver Gap
1 1 コルトン・ハータ
Andretti
–.—-
2 3 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
2.4933
3 4 シモン・パジェノー
Team Penske
6.1496
4 2 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank
8.0833
5 8 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
8.9497
6 15 佐藤琢磨
RLL Racing
11.6802
7 16 マーカス・エリクソン
Chip Ganassi
11.9393
8 20 ウィル・パワー
Team Penske
13.2363
9 7 リーナス・ヴィーケイ
Ed Carpenter
13.7194
10 5 セバスチャン・ブルデー
A.J. Foyt
15.9951
11 14 スコット・マクラフラン
Team Penske
17.5926
12 17 フェリックス・ローゼンクビスト
McLaren SP
18.5638
13 18 ロマン・グロージャン
Dale Coyne
22.7276
14 13 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
24.1275
15 9 グレアム・レイホール
RLL Racing
24.7928
16 19 コナー・デイリー
Ed Carpenter
48.1603
17 10 アレックス・パロウ
Chip Ganassi
1 lap
18 12 ジェームズ・ヒンチクリフ
Andretti
1 lap
19 6 パトリシオ・オワード
McLaren SP
1 lap
20 21 エド・ジョーンズ
Dale Coyne
1 lap
21 11 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
2 lap
22 23 ジミー・ジョンソン
Chip Ganassi
5 lap
23 24 ダルトン・ケレット
A.J. Foyt
33 lap
24 22 マックス・チルトン
Carlin
82 lap