F1オーストリアGPの表彰台でトロフィーを高々と掲げるホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダF1、オーストリアで13年ぶり通算73勝目「この勝利を第一歩とし、タイトル獲得へ邁進する」

  • 最終更新:

2019年シーズンのFIA フォーミュラ・ワン世界選手権 第9戦オーストリアGPで、ホンダ製F1パワーユニット「RA619H」を搭載したレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが優勝を果たした。ホンダにとっては2015年のF1復帰以降初、通算では2006年8月のハンガリーGP以来13年ぶり73度目のグランプリ制覇となった。

ホンダは1.6リッターV6ハイブリッド・ターボエンジンが導入された2014年に遅れること1年後の15年にF1へと復帰。英国の名門マクラーレンとタッグを組み、目標に掲げるワールドチャンピオン獲得に向けて戦い続けてきたが、結成3年目を最後に破局。昨年、イタリア・ファエンツァを本拠地とするスクーデリア・トロロッソと共に、新たな旅路をスタートさせた。

「トロロッソ・ホンダ」として再始動した初年度の第2戦バーレーンGPでは、復帰後最上位となる4位入賞を果たし一気に躍進。その活躍を見届けた強豪レッドブル・レーシングと契約を交わし、今季より2チーム供給体制で勝利を目指してきた。

ジェンソン・バトンが果たして以来となる13年ぶりの勝利を受けて、本田技研工業株式会社の八郷隆弘代表取締役社長が声明を発表。ファン並びに関係者への感謝の意を表すと共に、選手権制覇への誓いを新たにした。

「ついにF1での優勝を果たすことができました。2015年の復帰以降の道のりを考えると、大変感慨深く、また心からの喜びを感じています。まず、勝利を勝ち取ったマックス・フェルスタッペン選手とアストンマーティン・レッドブル・レーシングに感謝いたします」

「また、これまでHondaのF1プロジェクトに対し多大なるサポートを頂いた各ドライバーやスクーデリア・トロロッソは言うまでもなく、サプライヤー様や関係者の皆様も含め、支えてくださったすべての方々に御礼を申し上げます」

「そして、どんなときも熱い応援を送ってくださるファンの皆様へ、心からの感謝をお伝えしたいです。皆様の応援は、夢に向かって走る私たちを力強く後押ししてくれるエネルギーです。これからも皆様とともに挑戦し、喜びを共有したい、そう考えています」

「HondaにとってF1は創業者の夢であり、大切なDNAの一つです。この5年間、開発やレースの現場では、数多くの困難に直面してきました。自分たちの力を信じ、諦めずに走り続けてきた従業員たちの 努力がこうして実を結んだことを考えると、万感の想いです。私たちHondaの”The Power of Dreams”を一つ、体現することができました」

「今日の勝利を第一歩として、最終目標であるシリーズチャンピオンを目指し、私たちはさらに一丸となってチャレンジを続けていきます。これからも引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」

F1オーストリアGP特集