決勝レーススタート前のアルバート・パーク・サーキットのグリッドの様子、2019年F1オーストラリアGP
copyright Pirelli & C. S.p.A.

フジテレビNEXTによる2021年F1の完全生中継が決定!今季同様全セッションをライブで

  • Published:

フジテレビNEXTとNEXTsmartは2020年12月25日(金)、史上最多となる全23戦が予定されている2021年シーズンのFIA-F1世界選手権の全セッションを完全生中継すると発表した。

これにより来年は今季同様、フジテレビNEXTとNEXTsmart、そしてDAZNの3チャンネルがフリー走行、予選、決勝レースの全てのセッションをライブ中継する事になる。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の影響で困難なシーズンを強いられたF1は来年、初開催のサウジアラビアGPとオランダGPを含めた全23レースでチャンピオンシップを争う。

3月21日のオーストラリアGPで開幕を迎えた後、F1サーカスはバーレーンと中国を経て秋口までヨーロッパラウンドを戦う。鈴鹿サーキットでの日本GPは10月10日。その後はアメリカ大陸を経て、中東2連戦でシーズンフィナーレを迎える。

世界選手権化71周年を迎える2021年は日本のモータースポーツファン必見の一年となる。

期待のホープ、角田裕毅が小林可夢偉以来7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでデビューを果たす一方、2015年にパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰したホンダはラストシーズンを迎える。