スターティンググリッドにつきレース開始を待つF1マシン、2019年F1イギリスGPcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1:2021年暫定カレンダーを発表、ベトナム脱落も史上最多23戦を計画…鈴鹿日本GPは10月10日

  • Published: Updated:

2021年シーズンのFIA-F1世界選手権 暫定カレンダーが発表された。72回目となるワールドチャンピオンシップは3月21日にオーストラリアで開幕し、12月5日にアブダビで閉幕する。鈴鹿サーキットでの日本GPは10月10日に決勝を予定する。

2020年に初開催が予定されながらも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で中止を強いられたハノイ・サーキットでのF1ベトナムGPは、暫定カレンダー発表を直前に控えて急遽脱落した。

これは現地のキーマンの一人であるハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン主席が8月末、国家機密情報の漏洩などに関わる汚職事件で逮捕された事で、F1側との交渉が立ち行かなくなった事が原因と考えられている。

ベトナムの脱落にも関わらず、F1と国際自動車連盟(FIA)は当初の予定通りに史上最多となる23戦を目論む。代替レースは新型肺炎の世界的流行の影響で今季カレンダーに追加されたトラックのいずれかで行われる予定で、イスタンブール、イモラ、アルガルベが有力候補と見られる。

日時 レース 会場
3月21日 オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット
3月28日 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット
4月11日 中国GP 上海インターナショナル・サーキット
4月25日 TBC TBC
5月9日 スペインGP カタロニア・サーキット
5月23日 モナコGP モンテカルロ市街地コース
6月6日 アゼルバイジャンGP バクー市街地コース
6月13日 カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット
6月27日 フランスGP ポール・リカール・サーキット
7月4日 オーストリアGP レッドブル・リンク
7月18日 イギリスGP シルバーストン・サーキット
8月1日 ハンガリーGP ハンガロリンク
8月29日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
9月5日 オランダGP ザントフォールト・サーキット
9月12日 イタリアGP モンツァ・サーキット
9月26日 ロシアGP ソチ・オートドローム
10月3日 シンガポールGP マリーナベイ市街地コース
10月10日 日本GP 鈴鹿サーキット
10月24日 アメリカGP COTA
10月31日 メキシコ・シティGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット
11月14日 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット
11月28日 サウジアラビアGP ジェッダ
12月5日 アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット

なお、バルセロナでのスペインGPとサンパウロでのブラジルGPに関しては、正式契約が締結されておらず変更の可能性がある。​カレンダーの正式決定に際しては、FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)での承認が必要となる。

F1の会長兼CEOであるチェイス・キャリーは「通常に近い形でのシーズンを期待している」として、観客を動員してのグランプリ開催に自信を示すと共に、初開催となるサウジアラビアGPのカレンダー入りについて「大変喜ばしく思っている」と述べた。

F1サウジアラビアGP特集