FIA

FIA国際自連、2019/20年 FIAフォーミュラE選手権に参戦する全11チームを正式発表

  • 最終更新:

FIA国際自動車連盟は4月10日、6シーズン目を迎える2019/20年FIAフォーミュラE選手権に参戦する全11チームを正式発表した。WEC世界耐久選手権を撤退したポルシェと、DTM独ツーリングカー選手権から身を引いたメルセデス・ベンツ。モータースポーツ界で名を馳せるドイツの大手自動車メーカー2社が新たに加わる。

2019/20年フォーミュラE参戦リスト

  • アウディ・スポーツ
  • BMW AG
  • DS オートモービルズ
  • ジャガー・ランド・ローバー
  • マヒンドラ・レーシング
  • メルセデス・ベンツ
  • NextEV NIO
  • ペンスキー・オートスポーツ
  • ポルシェAG
  • 日産
  • ベンチュリー

現在行われているシーズン4ではこれまで以上に競争が激化、ローマやチューリッヒ等の新しいグランプリが追加され、ますますの盛り上がりをみせている。今年後半からスタートするシーズン5では、バッテリ性能の大幅な向上によってレース中のマシン乗り換えが不要となり、フォーミュラEは大きな変革期を迎える事になる。

FIAのジャン・トッド会長は「著名マニュファクチャラーの新規参入は、フォーミュラEのコンセプトが市場動向に即した魅力ある証」との旨の声明を発表。また、フォーミュラEのアレハンドロ・アガグCEOは、選手権設立時にはこれほど多くのビッグネームを抱える事になるとは想像していなかったと語り、化石燃料を使わない電動フォーミュラというコンセプトが、時代の先を見据えた先進的なものであったと主張した。