バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するカーリンの角田裕毅copyright Formula Motorsport Limited

F2サクヒール予選:角田裕毅が今季4度目のポールでランキング4位に!ポイント首位シューマッハは痛恨クラッシュで苦難18番手

  • Published:

FIA-F2選手権最終第12ラウンド、サクヒールの予選が12月4日にバーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラックで行われ、角田裕毅(カーリン)が1分2秒676の最速を刻み、ニキータ・マゼピン(ハイテック)を抑えてポールポジションを獲得した。佐藤万璃音(トライデント)は12番手。

来季アルファタウリ・ホンダでのF1デビューに際してランキング5位以上が最低条件という中、角田裕毅は今季4度目のポールポジションによってエキストラポイント4点を追加し、予選4番手のロバート・シュワルツマン(プレマ)を抜き去りランキング4位に浮上した。

予想通り至る場所でトラフィックが発生した本予選では、ルカ・ギオット(ハイテック)のスピンに続いて、ポイントリーダーのミック・シューマッハ(プレマ)がロイ・ニッサニー(トライデント)と接触し、2度に渡って赤旗が振られた。

来季ハースでのF1デビューが決まっている7度のF1王者を父に持つシューマッハはグリッド後方18番手からのスタートと、タイトル獲得に向けて厳しい状況に追い込まれた。14点差で逆転チャンピオンを目指すカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)は9番手だった。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 7 角田裕毅 カーリン 1:02.676 20
2 24 ニキータ・マゼピン ハイテック 1:02.798 0.122 16
3 8 ユアン・ダルバラ カーリン 1:02.807 0.131 17
4 21 ロバート・シュワルツマン プレマ 1:02.822 0.146 15
5 15 フェリペ・ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ 1:02.841 0.165 18
6 6 クリスチャン・ルンガー ARTグランプリ 1:02.849 0.173 18
7 16 アルテム・マルケロフ HWA 1:02.947 0.271 13
8 2 ダン・ティクタム ダムス 1:02.954 0.278 18
9 4 カラム・アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ 1:03.014 0.338 17
10 11 ルイ・デレトラズ チャロウズ 1:03.062 0.386 20
11 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 1:03.075 0.399 17
12 23 佐藤万璃音 トライデント 1:03.116 0.44 16
13 12 ペドロ・ピケ チャロウズ 1:03.147 0.471 19
14 25 ルカ・ギオット ハイテック 1:03.166 0.49 12
15 5 マーカス・アームストロング ARTグランプリ 1:03.169 0.493 17
16 14 ジュリアーノ・アレジ MPモータースポーツ 1:03.194 0.518 18
17 17 テオ・ポルシェール HWA 1:03.228 0.552 19
18 20 ミック・シューマッハ プレマ 1:03.270 0.594 15
19 22 ロイ・ニッサニー トライデント 1:03.317 0.641 16
20 9 ラルフ・ボスチャング カンポス 1:03.403 0.727 18
21 10 ギリェルメ・サマイア カンポス 1:03.552 0.876 17
22 1 ショーン・ゲラエル ダムス 1:03.738 1.062 18

F1サクヒールGP特集