イモラ・サーキットを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年4月16日F1エミリア・ロマーニャGPのFP1にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ペレスとオコンの接触事故で赤旗混乱…角田裕毅は電気系問題で最下位 / F1エミリア・ロマーニャGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

シーズン2戦目となる2021年F1世界選手権エミリア・ロマーニャGPが、4月16日にアウトードロモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ、通称イモラ・サーキットで開幕を迎えた。

エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀開催に伴い、直前になって週末のスケジュールが変更となり、当初の予定から30分前倒しで日本時間18時から1回目のフリー走行が行われた。

イモラ・サーキットのピット出口付近の様子、2021年4月15日F1エミリア・ロマーニャGPにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

イモラ・サーキットのピット出口付近の様子、2021年4月15日F1エミリア・ロマーニャGPにて

グランプリ一発目のセッションを制したのはバルテリ・ボッタス。1000分の41秒差でルイス・ハミルトンを2番手に抑え、メルセデスが1-2発進を切った。

3番手に続いたのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。最速ボッタスから1000分の58秒落ちという僅差であったが、2度の赤旗が出るなど、FP1のタイムシートは各チームの競争力を物語っているとは言い難い。

金曜午前の現地イモラは晴天に恵まれるも、ハミルトンがタイヤウォーマーをまとったコミカルな写真を投稿するなど非常に肌寒く、セッションは気温11℃、路面温度22℃のドライコンディションでスタート。グリーンフラッグ直後には、ニキータ・マゼピン(ハース)と角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が相次いでグラベルに飛び出る場面があった。

無線や映像など、インフラ面に技術的な問題が発生した事で、タイミングモニターや、GPS、TVフィード、チーム無線などが使えない状況が続き、これらに依存するチームは勿論、視聴者にとってもトリッキーなセッションとなった。

ソフトタイヤに履き替えてのクイックラップの時間帯に突入しようかという30分が経過したところでは、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とエステバン・オコン(アルピーヌ)がビルヌーブ・シケインでマシンを停め、セッションは赤旗中断となった。

RB16Bの左リアホイールリムはひん曲がりタイヤは破裂。レッドブル・ホンダのクリスチャン・ホーナー代表は、低速走行中のオコンとアタック中のペレスとの間で接触があったようだと説明した。

両者は共にクルマを降り、セッションは残り12分というタイミングで再開された。今シーズンのプラクティスセッションはいずれも僅か60分間のみ。その25%を赤旗で失うのはチームにとってかなり痛手だ。

続報:謎事故の詳細…お咎めなし裁定

時計の針が進み出すと、各車柔らかめのコンパウンドを履いてタイムを計測。タイムシートが大きく動き、計測を終えた者とそうでない者とでタイムに相違が生まれる状況となった。

それはニコラス・ラティフィが9番手、ジョージ・ラッセルが11番手と、如何にFW43Bのパフォーマンスが期待されるイモラとは言え、不相応感があるウィリアムズ勢のポジションからも伺える。

なおマゼピンは、チェッカーフラッグ後にも再びVF-21のコントロールを失いスピンを喫し、ピットレーン出口のバリアに衝突。2度目の赤旗の原因となった。

今季型マシン「AT02」のシェイクダウンの地にイモラを選んだアルファタウリ・ホンダ勢は好調で、序盤にトップに立っていたピエール・ガスリーが最終5番手に付けた。

だたし角田裕毅はフランツ・トスト代表曰く、電気系統のトラブルを抱えたとの事でガレージ内で多くの時間を過ごし、周回数は最多26周を刻んだ6番手カルロス・サインツ(フェラーリ)の半分以下の11周、総合20番手最下位でヘルメットを脱いだ。

チームは午後のFP2に向け、第2戦目にして早くも角田裕毅のマシンのCE(コントロール・エレクトロニクス)及びES(バッテリー)を交換した。

アルファタウリ同様に、今回が今季最初のホームレースとなるスクーデリア・フェラーリはサインツに加えてシャルル・ルクレールが4番手と上位を占め、バーレーンからの勢いを維持する様子を見せた。

インディ500の再参戦の可能性が疑わしい2005年のイモラウィナーであるフェルナンド・アロンソは、アルピーヌA521に大型のエアロレイクを取り付け空力データの収集に励み、ランス・ストロール(アストンマーチン)を抑えて7番手タイムをマークした。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間4月16日(金)22時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:16.564 23
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.605 +0.041 25
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:16.622 +0.058 21
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.796 +0.232 13
5 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:16.888 +0.324 21
6 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:16.888 +0.324 26
7 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:17.457 +0.893 23
8 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:17.489 +0.925 19
9 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:17.739 +1.175 24
10 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:17.769 +1.205 23
11 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:17.866 +1.302 25
12 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:17.883 +1.319 16
13 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:17.935 +1.371 16
14 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:17.984 +1.420 23
15 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:18.058 +1.494 24
16 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:18.228 +1.664 15
17 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:18.360 +1.796 20
18 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:18.823 +2.259 22
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:19.480 +2.916 18
20 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:19.781 +3.217 11

コンディション

天気
晴れ
気温
11℃
路面温度
22℃

セッション概要

グランプリ名
F1エミリア・ロマーニャGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
イモラ・サーキット
設立
1953年
全長
4909m
コーナー数
21
周回方向
反時計回り

F1エミリア・ロマーニャGP特集