F1カナダGP《FP1》結果とダイジェスト / 1番手ハミルトン、復帰アロンソはマシントラブルcopyright F1

F1カナダGP《FP1》結果とダイジェスト / 1番手ハミルトン、復帰アロンソはマシントラブル

  • 公開日時:

気温22度、路面温度29度の曇空の中行われた、2017年第7戦F1カナダGPフリー走行1。初日最初のセッションでトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン、1分13秒809をマークし、昨年自身がFP1で記録した1番手タイムを0.946秒更新した。

2番手につけたのはモナコウィナーのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ハミルトンから遅れること0.198秒の1分14秒007を記録、3番手にはベッテルから0.039秒遅れでバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続いた。これまでのところ、メルセデス勢はモナコからの挽回を果たしているように見受けられる。

2017年F1カナダGPフリー走行1順位結果
©F1

人工島に仮設される公道サーキット故に、セッション開始当初は路面がホコリまみれであったものの、徐々に路面状況は改善され、セッションの経過とともにタイムを大幅に向上していった。

キミ・ライコネンは4番手、フォース・インディアの2台が5番手と6番手、レッドブルはマックス・フェルスタッペンが7番手、ダニエル・リカルドが9番手となった。フォース・インディアは手堅い週末のスタート切った。母国レースのランス・ストロールは13番手、チームメイトのフェリペ・マッサに1.207秒の大差をつけられてしまった。

マクラーレン・ホンダ勢は、ストフェル・バンドーンがトップから2秒134遅れの11番手、インディから舞い戻ったフェルナンド・アロンソは16番手タイムを記録も、マシントラブルによりセッションを途中で終えている。

厳しい復帰初日を迎えたアロンソ

マシンを降りたフェルナンド・アロンソ
©F1

残り20分のところでようやくコースインしたアロンソは、1分16秒521をマークしその時の13番手タイムを記録。ところが、その直後にチームからマシンを止めるよう指示、アロンソは10コーナーでマシンを降りた。アロンソは「ステアリングが重い」と無線で訴えていた。エンジントラブルではなく、ギアボックス、ハイドロ系のトラブルが疑われる。

白煙吹いたカルロス・サインツ

エンジントラブルに見舞われたカルロス・サインツ
©F1

セッション開始早々、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)のマシンから白煙があがったため、コース上には黄旗が振られた。エンジントラブルと見られる。

フリー走行1順位とタイム

各ドライバー毎の順位とラップタイムは以下の通り。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:13.809 36
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:14.007 +0.198 28
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:14.046 +0.237 21
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:14.230 +0.421 28
5 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:14.578 +0.769 34
6 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:14.785 +0.976 35
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:14.861 +1.052 19
8 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:15.106 +1.297 31
9 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:15.441 +1.632 23
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ 1:15.658 +1.849 26
11 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1:15.943 +2.134 29
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:16.233 +2.424 25
13 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:16.313 +2.504 36
14 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:16.345 +2.536 18
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:16.473 +2.664 27
16 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:16.521 +2.712 13
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:16.805 +2.996 24
18 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:17.004 +3.195 26
19 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 1:17.606 +3.797 28
20 55 カルロス・サインツ トロロッソ 1

F1カナダGP特集