F1カナダGP《決勝》結果とダイジェスト / メルセデス1-2!ハミルトン通算56勝目copyright F1

F1カナダGP《決勝》結果とダイジェスト / メルセデス1-2!ハミルトン通算56勝目

  • 公開日時:

1周目から大きな混乱に見舞われた第7戦F1カナダGPを制したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン、カナダでは6度目、キャリア通算56勝目となる勝利を上げた。2番手にはチームメイトのバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスAMGが1-2フィニッシュを飾る結果となった。表彰台の最後に滑り込んだのはレッドブルのダニエル・リカルドであった。

日本時間12日(月)未明に行われたF1カナダGP決勝レース、今週末で最も暑い気温28度、路面温度41度のコンディション。セント・ローレンス川の中洲に作られたジル・ビルヌーブ・サーキットには強風が吹き荒れ、砂埃と木の葉が舞うトリッキーなレースとなった。

1周目にフロントウイングを破損したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は4番手まで挽回し、チャンピオンシップでの痛手を最小限に抑えた。同僚キミ・ライコネンはレース終盤にリアタイヤのオーバーヒートを抱え失速、7番手に終わった。スタート時の混乱で順位を落としたフェラーリ勢は、第2スティントをスーパーソフトで、第3スティントをウルトラソフトで挑む2ストップ作戦を敢行した。

2017年F1カナダGP決勝順位結果
©F1

今季、台風の目となっているフォース・インディア勢は、表彰台寸前の大活躍を見せた。セルジオ・ペレスは5位、エステバン・オコンは6位をマークし、計18もの大量ポイントをチームに献上した。喜びの一方で、レース終盤にチームからオコンを先に行かせるよう指示されたペレスがこれを無視、レース後オコンは「フェアじゃない」と憤る場面も見られた。

マクラーレン・ホンダ勢は、ストフェル・バンドーンが14番手で完走した一方、フェルナンド・アロンソは残り2周というところでエンジントラブルを訴え自らマシンを降りた。アロンソは第3戦バーレーンGPでも残り2周の所でリタイヤしている。

母国グランプリとなったランス・ストロール(ウィリアムズ)は10位に入り、生まれ育った故郷の地で自身初ポイントを獲得した。

オープニングラップの多重クラッシュと混乱

カルロス・サインツとフェリペ・マッサのクラッシュ
©F1 アロンソのオンボード、1周目のクラッシュ

オープニングラップでの3コーナー、コース脇の芝に乗り上げたロマン・グロージャンとカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)がサイド・バイ・サイドになりマシンが接触、このアクシデントによってスピンしたサインツの車が、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)のマシンに突っ込み、多重クラッシュに発展。コース上にはイエローフラッグが提示されセーフティーカーが出動した。マシンを大破させたサインツとマッサは1周も走り終える事なくリタイヤした。

2番グリッドスタートのベッテルは、1周目の1コーナーで、後方から飛び込んできたマックス・フェルスタッペンにフロントウイングを壊された。ベッテルはやむを得ずピットインしこれを交換、スーパーソフトに履き替え隊列の最後列に落ちる。

グリーンフラッグが出された直後の11周目、2番手を走行していたフェルスタッペンが突然失速、コース上でマシンを止めた事でVSCがコールされた。モントリオールでのレースの滑り出しは荒れに荒れた展開となったが、その後は特に大きな混乱もなく、各所でコース上のバトルが繰り広げられた。

決勝順位とタイム

各ドライバー毎の順位とラップタイムは以下の通り。

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:33:05.154 0
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 70 +19.783 0
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 70 +35.297 0
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +35.907 0
5 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 70 +40.476 0
6 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 70 +40.716 0
7 7 キミ・ライコネン フェラーリ 70 +58.632 0
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 70 +60.374 0
9 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 69 +1 lap 0
10 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 69 +1 lap 0
11 30 ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 lap 0
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 69 +1 lap 0
13 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 69 +1 lap 0
14 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 69 +1 lap 0
15 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 68 +2 laps 0
16 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 66 DNF 0
NC 26 ダニール・クビアト トロロッソ 54 DNF 0
NC 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 10 DNF 0
NC 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 0 DNF 0
NC 55 カルロス・サインツ トロロッソ 0 DNF 0

F1カナダGP特集