インテルラゴス・サーキットを走るメルセデスのバルテリ・ボッタス、F1ブラジルGP初日フリー走行 2018年11月9日copyright Mercedes

ボッタスが熾烈な争いを制し1000分の3秒差で最速、クラッシュによる赤旗も発生 / F1ブラジルGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

グランプリ開幕初日を迎えたインテルラゴス・サーキット。2018年F1第20戦ブラジルGP金曜2回目のフリー走行が現地11月9日(金)に行われ、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが1分8秒846を記録。2番手につけた僚友ルイス・ハミルトンを僅か1000分の3秒差で退け、初日をトップで締め括った。

3番手にはトップから0.073秒遅れでスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル。午前のFP1に引き続きトップ3がコンマ1秒以内の接戦となった。4・5番手にはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのレッドブル勢が続き、キミ・ライコネンが6番手という結果であった。

フェラーリとメルセデスはロングランでも印象的なペースを刻んだが、リアタイヤにはブリスターが発生。SF71Hにはグレイニングも出ており、燃料を積んだ状態でのマシンを改善する必要がある。ハミルトンも「何か対策しないとマズイ」と述べ、リアに不満を訴えていた。

FP1終了後に車両のオイルタンクにクラックが確認されたため、フェルスタッペンはセッション時間の半分を棒に振る事となった。このオイルリークについてレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、前戦メキシコGPから発生していた可能性を指摘している。

トロロッソ・ホンダ勢は、ピエール・ガスリーが44周を走り込みトップから1.484秒遅れの12番手。ブレンドン・ハートレーは46ラップを刻み、ガスリーから大きく遅れるコンマ4秒落ちの19番手に終わった。ガスリーはミディアムを、ハートレーはソフトのロングランを担当。ジョナサン・エドルズ主任レースエンジニアはセッション終了後、一発のタイムに満足感を示した一方で、ロングランペースを課題に上げた。チームは明日の2日目に、最新型スペック3エンジンを再投入する。

サンパウロ郊外に位置する金曜午後のアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェは、風が次第に強まり上空には黒い雲。天候の悪化が予想される中、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温21℃、路面34℃のドライコンディションでスタート。午前のセッションとは対照的に、2回目のフリー走行ではセッション開始と共にほぼ全ての車がコース上に出た。

開始10分、ルノー・スポールのニコ・ヒュルケンベルグがクラッシュ。最終コーナーの出口で脱出に失敗しマシンの右側2本のタイヤが芝生に乗り上げ、アウト側の鉄製フェンスに激突。右リアは大破した。

この事故によりセッションは一時赤旗中断。この様子をモニターで見ていたジェローム・ストール社長は激怒。ヒュルケンベルグは無事だったもののマシン損傷の程度は大きく、ギアボックス交換によるグリッド降格が懸念される。インテルラゴスは典型的なオールドサーキットであり、近代コースと異なり十分なランオフエリアが用意されておらず、一切のミスの余地はない。

ミッドフィールド最速を記録したのはハースF1のロマン・グロージャン。8番手シャルル・ルクレール(Sauber)を抑えて7番手につけた。チームメイトのケビン・マグヌッセンは9番手。ミラーが脱落するアクシデントがあったものの、ハースが一貫したスピードを示した。

ブラジル人ドライバー不在のグランプリを迎えたが、昨年までウィリアムズに在籍していたフェリペ・マッサや、同日来季ハースのテストドライバー就任が発表されたピエトロ・フィッティパルディらがパドックに姿を見せ、地元ファンの声援を受けた。

ブラジルグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間11月10日(土)23時から、公式予選は同26時からインテルラゴス・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:08.846 48
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.849 +0.003 43
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:08.919 +0.073 42
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:09.164 +0.318 44
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:09.339 +0.493 28
6 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:09.412 +0.566 42
7 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:09.769 +0.923 44
8 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:09.943 +1.097 44
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:10.007 +1.161 39
10 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:10.159 +1.313 45
11 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:10.320 +1.474 23
12 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:10.330 +1.484 44
13 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:10.332 +1.486 36
14 55 カルロス・サインツ ルノー 1:10.458 +1.612 48
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:10.532 +1.686 44
16 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:10.569 +1.723 46
17 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:10.596 +1.750 26
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:10.662 +1.816 44
19 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:10.734 +1.888 46
20 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:11.674 +2.828 6

コンディション

天気
曇り
気温
34℃
路面温度
21℃

レース概要

グランプリ名
ブラジルGP
レース種別
フリー走行2
レース開始日時
サーキット名
インテルラゴス・サーキット
サーキット設立
1936年
コース全長
4309m
コーナー数
15
周回数
71周
周回方向
反時計回り

F1ブラジルGP特集