2021年6月6日のF1アゼルバイジャンGPでの優勝を祝うレッドブル・ホンダのメンバーとセルジオ・ペレスCourtesy Of Red Bull Content Pool

バクーは最高!とセルジオ・ペレス、2勝目に歓喜の一方で転落のフェルスタッペンやハミルトンを気遣う

  • Published:

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝レースで昨年のサクヒールGPに続くキャリア通算2勝目、チーム移籍後初優勝を飾り、表彰台の上で勝利の美酒を堪能した。

6番グリッドからスタートしたペレスは、1周目にカルロス・サインツ(フェラーリ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)を抜き去り、一気に4番手に浮上した。

8周目にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)を交わして3番手となり、2番手を走行するチームメイトのマックス・フェルスタッペンと共に、首位を走るルイス・ハミルトン(メルセデス)に対する包囲網を完成させた。

ハミルトンがピットストップで痛恨のタイムロスを喫した事で、チームはオーバーカットを狙って14周目にペレスをピットに呼んだ。タイヤ交換に4.3秒を要するミスがあったものの、ペレスは辛うじてハミルトンの前方でコースに戻り、フェルスタッペンとの1-2体制を築いた。

最終盤にフェルスタッペンがタイヤブローでクラッシュを喫すると首位に浮上。残り2周でのリスタートでハミルトンと激しいサイド・バイ・サイドを演じてポジションを守り切り、バクー市街地コースでの過去5戦の内3回で表彰台に上がる事となった。

レースを終えたペレスは待望の2勝目を喜ぶ一方、不遇なアクシデントによってノーポイントに終わったチームメイトやライバルを気遣い、また、自身にシートを与えたレッドブル総帥ディートリッヒ・マテシッツに対する感謝の言葉を口にした。

なおチーム代表のクリスチャン・ホーナーによると、ペレスは油圧に”深刻”な問題を抱えていたとのことで、状況次第ではリタイヤに追い込まれる可能性があった

2勝目歓喜の一方で好敵手を気遣う

セルジオ・ペレス決勝: 1位, グリッド: 6番手

バクーは最高だ!レッドブル・ホンダ移籍後に勝利できて素晴らしい気分だ。チームは本当に良い仕事をしてくれた。この素晴らしい機会が得られたのは、シートを与えてくれたミスター・マテシッツのおかげだ。本当に感謝している。

マックス(フェルスタッペン)は勝利に値する走りをしていたし、チームとしては1-2体制を築いていただけに、結果としては残念な部分もある。

まるでジェットコースターのような狂ったレースだった。1周目からほぼ全開で走り続けたよ。背後からルイス(ハミルトン)が攻めてきていたから息つく暇もなく、本当に激しい戦いだったけど、集中力を切らすことはなかった。

今日はすべてが完璧だったけど最後のリスタートだけは別で、グリップがなくヒヤッとした。ラスト2周でレースを落とすわけにはいかなかったから、ターン1に向けてブレーキングをできる限り遅らせたところ、ルイスがロックアップしてランオフエリアに吸い込まれていった。

如何に限界ギリギリのところで争っていたのかを物語るエピソードだと思うけど、ルイスにとっては気の毒な結果だった。こういう事は本当に辛いんだ。僕らは誰もがミスと隣り合わせでレースをしている。

ペースは良かったしクルマもレースカーとしてしっかり仕上がっていたから、今日はひとまず楽しみたい。

今後もこれまでと同じ様に毎週末ベストを尽くしていくつもりだ。まだ6戦目が終わっただけで、僕はまだまだやれると思ってるし、マックスやチームとの関係も最高だ。チャンピオンシップ獲得への道のりはまだ長い。


6月6日(日)にバクー市街地コースで行われた2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPでは、6番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が2勝目を上げ優勝。2位はセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、3位表彰台はピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)という新鮮な顔ぶれが並んだ。

ポール・リカール・サーキットを舞台とする次戦フランスGPは、6月18日のフリー走行1で幕を開ける。

F1アゼルバイジャンGP特集