メディアセッションに臨むフェルナンド・アロンソ、ダカールラリー2020休息日copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

Amazonプライムビデオ、F1王者フェルナンド・アロンソの独占ドキュメンタリーを配信

  • Published:

2度のF1ワールドチャンピオン、英雄フェルナンド・アロンソの公私を追ったドキュメンタリーが、Amazon Prime Videoで独占配信される事が決まった。スペインの映像制作会社The Mediapro Studioが手がけた。

シリーズ全5作で描かれるそのドキュメンタリーは、コースの内外を問わずダカールラリー参戦までの約1年間のフェルナンド・アロンソの実像を収めたもので、ガールフレンドのリンダ・モルセッリや、武士道に傾倒するきっかけを作った姉ロレーナ・アロンソ、後輩のカルロス・サインツらとの関係などが描かれる。

フェルナンド・アロンソはF1での現役活動に終止符を打った後、TOYOTA GAZOO RacingからFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦。チャンピオンを獲得した後、今度は今年1月のダカールラリーに新天地を求め、首位から3分25秒差の4位で最終ステージをフィニッシュし、総合13位で完走を果たした。

The Mediapro Studioのグローバルコンテンツ担当ディレクターを務めるジャヴィア・メンデスは「信頼関係を築いた事で彼の日常生活にカメラを持ち込む事ができた。これまでのフェルナンド像とは異なる彼を堪能してもらえるだろう」とコメントしている。

本作は今年後半にスペイン、フランス、イタリア、英国、中南米の各Amazon Prime Videoで独占配信される。現時点で日本での配信が行われるかは不明だ。