上海インターナショナル・サーキットでメディアインタビューに答えるトロロッソ・ホンダのアレックス・アルボン、2019年F1中国GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

アレックス・アルボン「僕はフェラーリのハードコアファン」F1ドライバーを志したきっかけを語る

  • Published:

トロロッソ・ホンダのアレックス・アルボンは、フェラーリの熱狂的なファンであり、ミハエル・シューマッハを見てF1ドライバーになる事を志したそうだ。アルボンは1996年生まれの23歳。ジャン・トッド=シューマッハ体制のフェラーリが、黄金時代を築いた2000年台前半にキャリアをスタートさせた。

1000回目の記念的グランプリとなる2019年第3戦中国GPの木曜会見に出席したアレックス・アルボンは、F1ドライバーを目指そうと思ったきっかけについて質問され、次のように答えた。

「僕のヒーローはミハエル・シューマッハだった。ずっと尊敬していた。実際僕はフェラーリの狂信的なファンだったんだ」

「多分6歳の時だったと思うけど、シルバーストーンに行ったんだ。その時に(クイズか何かで)優勝するのは誰か、トップ3でフィニッシュするのはどのマシンかを予想する事になって、ミハエルとルーベンス(バリチェロ)と(ファン・パブロ)モントーヤの名前を書いたんだ」

話の内容から推測するに、アルボンが観戦したのは2002年のイギリスGPだ。レースはウェットコンディションとなり、佐藤琢磨を含む9台がリタイヤという荒れた展開の中、予選3番手のフェラーリ、ミハエル・シューマッハがチームメイトのバリチェロに14秒差をつけてトップチェッカーを受け、3位表彰台にウィリアムズBMWのモントーヤが続いた。

2002年のF1イギリスGPの表彰台に上がったフェラーリのミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロ、ウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤ
2002年のF1イギリスGPの表彰台に上がったミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロとファン・パブロ・モントーヤ

「そしたら、どういうわけか当たっちゃってね。確かバリチェロが3位だったような気がするんだけど、正解したのが僕だけだったんだ。そのご褒美としてフェラーリのホスピタリティに呼ばれて、そこでミハエルとルーベンスにあったんだ。ビビって動けなくなっちゃったよ。それからというもの、僕はずっとフェラーリのハードコアなファンなんだ」

F1中国GP特集