F1オーストラリアGPの舞台アルバート・パーク・サーキット上空から見たホームストレートとピットレーン
copyright Mercedes

F1オーストラリア現地主催者、F1関係者8名の新型コロナウイルス検査結果を公表

  • Published:

オーストラリアグランプリ・コーポレーション(AGPC)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が疑われていた8名のF1関係者の検査結果を公表した。アルバート・パーク・サーキットでは、11日と12日に感染が疑われる関係者が相次いだ。

AGPCはビクトリア州の健康管理最高責任者からの検査結果として、8名の内の7名から新型コロナウイルスに感染していないことを示す陰性反応が出た事を明らかにした。ただし1名は陽性で、マクラーレンのチームメンバーであった。

感染が確認された事を受けてマクラーレンは、F1ロレックス・オーストラリア・グランプリ2020への出走を取り止めると発表。AGPCは現在、グランプリの開催の是非を巡ってF1、国際自動車連盟(FIA)、保健社会福祉省との協議に臨んでいる。

AGPCは更に、F1チーム、FIA、関連サプライヤーとは無関係の9人目が現在ウイルス検査を受けており結果待ちであると発表。状況に進展があり次第、速やかに情報を公開するとした。

12日中に検査結果が出ることは当初から予定されており、可能性として陽性反応が出ることもまた予想され得ることであったが、マクラーレンの欠場発表から2時間が経過してなお、F1及びFIAから何らの決定事項も発表されないところから推測するに、陽性が出た場合の対応についてコンセンサスが取れていなかった事が疑われる。

F1オーストラリアGP特集