夕暮れ時のヤス・マリーナ・サーキットを走行するスクーデリア・フェラーリSF1000のセバスチャン・ベッテル、2020年F1アブダビGPにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

2020 F1アブダビGP︰決勝スターティング・グリッド…PU交換と競技規約違反で並び順が変動

  • Published: Updated:

2020年シーズンのF1世界選手権第17戦アブダビGPの暫定スターティンググリッドが国際自動車連盟(FIA)より発表された。計3件のパワーユニット交換およびFIA国際スポーティング・コード違反に伴う降格ペナルティがあったため、予選順位とグリッドとの間に相違が発生した。

まずは週末を前に2台が規約上限を超えるパワーユニット交換を行い、グリッド降格ペナルティを受ける事が決まった。

ハースはF1ラストランとなるケビン・マグヌッセンに、今季3基目となるCE(コントロール・エレクトロニクス)及びES(バッテリー)を投入した。なおどういうわけか、同じ両コンポーネントが3基以上に達しているのはもう一台のVF-20のみだ。

PU降格を受けるもう1台のマシンはレーシングポイントRP20だ。前戦ウィナーのセルジオ・ペレスは、今季4基目となるICE(内燃エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hの封を切った。こちらは計画通りにPUを運用し切れなかったという事だろう。

これにより両者は日曜のレースで最後尾スタートを命じられる事となり、予選Q2に駒を進めたところで計測を終了し15番手に付けたペレスは19番グリッドに、17番手のマグヌッセンは20番グリッドに付く。

なおレッドブル・ホンダ勢、カルロス・サインツ(マクラーレン)、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)の計5台がギアボックスを交換しているが、いずれも規約に抵触するものではなく降格の対象外だった。

ただし、前戦サクヒールGPでペレスとフェルスタッペンを巻き込むクラッシュを演じた予選9番手のシャルル・ルクレール(フェラーリ)が3グリッド降格を受けるため、後方だけでなく中団にも変動が生じた。

2020年 F1サクヒールグランプリ決勝レースは、日本時間12月7日(日)2時10分にスタート。1周3,543mのバーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラックを87周する事でチャンピオンシップを争う。

F1アブダビGPスターティンググリッド

Pos No Driver Team Qualifying
1 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1(-)
2 77 V.ボッタス メルセデス 2(-)
3 44 L.ハミルトン メルセデス 3(-)
4 4 L.ノリス マクラーレン・ルノー 4(-)
5 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 5(-)
6 55 C.サインツ マクラーレン・ルノー 6(-)
7 26 D.クビアト アルファタウリ・ホンダ 7(-)
8 18 L.ストロール レーシングポイント 8(-)
9 10 P.ガスリー アルファタウリ・ホンダ 10(+1)
10 31 E.オコン ルノー 11(+1)
11 3 D.リカルド ルノー 12(+1)
12 16 C.ルクレール フェラーリ 9(-3)
13 5 S.ベッテル フェラーリ 13(-)
14 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 14(-)
15 7 K.ライコネン アルファロメオ 16(+1)
16 63 J.ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 18(+2)
17 51 P.フィッティパルディ ハース・フェラーリ 19(+2)
18 6 N.ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 20(+2)
19 11 S.ペレス レーシングポイント 15(-4)
20 20 K.マグヌッセン ハース・フェラーリ 17(-3)

F1アブダビGP特集