レッドブル・ホンダRB16Bをドライブするセルジオ・ペレス、2021年3月14日F1バーレーンテスト3日目Courtesy Of Red Bull Content Pool

F1テスト《3日目》午前速報:レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが最速…メルセデスもリズム掴んだか

  • Published: Updated:

2021年F1公式プレシーズンテスト最終3日目のセッションが現地14日(日)10時からバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、4時間に渡る午前の部がチェッカーフラッグを迎えた。

タイムシートの暫定トップに立ったのはレッドブル・ホンダRB16Bを駆るセルジオ・ペレス。C4タイヤで1分30秒187を刻み、前日のバルテリ・ボッタス(メルセデス)を塗り替え、3日間のテスト全体での最速トップタイムをマークした。

ただし、最多周回を刻んだ9番手キミ・ライコネン(アルファロメオ)の91周と比較すると、45周のマイレージは全車最下位だ。

開幕前テストも残り8時間。気温21℃、路面温度33℃のドライコンディションの中、グリーンライトの点灯と共に全10台が一斉にコースイン。ランチブレイクを迎えた現地14時には気温24℃、路面45℃にまで上昇した。

続報:テスト3日目結果 角田2番手

目立ったアクシデントやトラブルもなく、全てのチームがこれまで以上に精力的に周回を重ねた。各チームは慌ただしい午後を迎える事になる。

ペレスに続く2番手はスクーデリア・フェラーリ。シャルル・ルクレールがコンマ3秒落ちで続き、マクラーレンのランド・ノリスがコンマ5秒遅れの3番手に並んだ。共にペレスより一段硬めのC3での計測だった。両者は午後にそれぞれカルロス・サインツとダニエル・リカルドにタスキを繋ぐ。

アルファタウリ・ホンダでの最後の4時間のテストに臨んだピエール・ガスリーは4番手。71周と順調に周回を積み重ね、午後の角田裕毅にステアリングを引き継ぐ。

信頼性トラブルもあり、初日・2日目と走行時間が制限されたメルセデスは午前をバルテリ・ボッタスが担当。ファステストは全体の7番手ながらも方向性を見出したか、その走りには一貫性があり、自信を持ったドライビングに見えた。午後のルイス・ハミルトンがどれほどのタイムを残すか、注目される。

ロイ・ニッサニーを初日に充てがった事で、レギュラードライバーの担当が各々1日となったウィリアムズはこの日、満を持してジョージ・ラッセルが初めてFW43Bをドライブ。新車の感触を確かめながら77周を積み重ねた。

アストンマーチンはランス・ストロールがC3・C4でのロングランに取り組むなど、他とは異なり独自にプログラムを進めた。パフォーマンスランに取り組む事はなく80周を走り込み10番手タイムでヘルメットを脱いだ。午後はセバスチャン・ベッテルがドライブする。

本人の意向で父と同じ「MSC」の略称を使う事となったハースのミック・シューマッハはクルマの感覚を掴むべく、ソフト、ミディアム、ハードとあらゆるコンパウンドを履いてこまめにピットに入りながら78周を走り終えた。午後はニキータ・マゼピンがVF-21での作業を担当する。

アルピーヌはエステバン・オコンが61周を重ねて5番手タイムを記録した。午後はフェルナンド・アロンソが登場する。

午後のセッションは日本時間21時から4時間に渡って行われる。テストの模様は2ヶ月無料キャンペーンを実施中のDAZNが生配信する。

Pos Driver Team Time Gap Laps Tyre
1 セルジオ・ペレス Red Bull 1:30.187 48 C4
2 シャルル・ルクレール Ferrari 1:30.486 + 0.299 80 C3
3 ランド・ノリス McLaren 1:30.661 + 0.474 56 C3
4 ピエール・ガスリー AlphaTauri 1:30.828 + 0.641 75 C4
5 エステバン・オコン Alpine 1:31.310 + 1.123 61 C3
6 ミック・シューマッハ Haas 1:32.053 + 1.866 77 C3
7 バルテリ・ボッタス Mercedes 1:32.406 + 2.219 84 C2
8 ジョージ・ラッセル Mercedes 1:32.731 + 2.544 77 C2
9 キミ・ライコネン Alfa Romeo 1:35.274 + 5.087 91 C2
10 ランス・ストロール Aston Martin 1:36.100 + 5.913 80 C3
ダニエル・リカルド McLaren 0
セバスチャン・ベッテル Aston Martin 0
ニキータ・マゼピン Haas 0
フェルナンド・アロンソ Alpine 0
角田裕毅 AlphaTauri 0
マックス・フェルスタッペン Red Bull 0
ルイス・ハミルトン Mercedes 0
カルロス・サインツ Ferrari