2021年7月1日よりメルセデスF1のテクニカル・ディレクターに就任するマイク・エリオット
Courtesy Of Daimler AG

マイク・エリオット

  • Published:

人物データ

名前 マイク・エリオット / Mike Elliott
国籍 イギリス
出身地 セント・オーステル
居住地 イギリス
生年月日 1974年06月04日 / 48歳

マイク・エリオット(英:Mike Elliott)は英国出身のF1エアロダイナミシストで、2021年7月1日よりジェームズ・アリソンに代わってメルセデスAMGペトロナスF1チームのテクニカル・ディレクターを務めている。

エリオットはロンドンのインペリアルカレッジで航空工学の修士号を取得。更に空気力学の博士号を取得し、2000年にマクラーレンのエアロダイナミシストとしてモータースポーツでのキャリアをスタートさせた。2003年にはトラックサイドの空力担当となり、2006年には空力担当チームリーダーに抜擢された。

2008年に空力担当責任者としてルノーF1チームに移籍。2012年にメルセデスに籍を移すと、 2017年にはジェフ・ウィリスの後任としてテクノロジー・ディレクターに昇格した。

そして2022年、後継者育成のためにアリソンが新たに設けられた最高技術責任者(CTO)に就く事で現場を去り、代わってエリオットが最高技術責任者に着任した。

主なキャリア

概要
2000年 エアロダイナミシストとしてマクラーレンに入社
2003年 トラックサイド・エアロダイナミシスト
2006年 チームリーダー・エアロダイナミック・パフォーマンス
2008年 プリンシパル・エアロダイナミシストとしてルノーに移籍
2012年 ロータス改称後もエンストンのチームに残留
2012年 エアロダイナミシストとしてマクラーレンに入社
2012年 エアロダイナミクス責任者としてメルセデスに移籍
2017年 テクノロジーディレクターに昇格
2021年 テクニカル・ディレクターに昇格