• Updated:

人物データ

名前 ヨースト・カピート / Jost Capito
国籍 ドイツ
出身地 ノインキルヒェン
生年月日 1958年09月29日 / 62歳

ヨースト・カピート、ドイツ出身のモータースポーツマネージャー。2021年2月1日付でウィリアムズF1の最高経営責任者(CEO)に就任する。

もともとはエンデューロやモトクロスでレーサーをしていたが、その後はBMW、ポルシェ、フォード、ワーゲンなどにて主にマネジメントとして仕事をしてきた。3人の子供を持つパパでもある。

ヨースト・カピートの最も成功したキャリアは、世界ラリー選手権(WRC)でのフォルクスワーゲンチームの4年連続ダブルタイトル獲得であろう。カピートはワーゲンのモータースポーツディレクターとしてこの驚くべき成果を成し遂げた。

この功績がマクラーレンのロン・デニスの目に留まり、その実績を買われる形で2016年にマクラーレン・レーシングのCEOに抜擢された。デニスはカピートを「競争心と野心を持ち合わせた非常に優れた人物」と評していたが、カピートのチーム入りの直後に政治闘争に敗れて離脱。これに伴いカピートも僅か半年足らずでマクラーレンを後にした。

ウィリアムズのCEOに就任したヨースト・カピート

主なキャリア

ヨースト・カピートは1970年代半ばにバイクレースに参戦する形でモータースポーツのキャリアを歩み始め、1985年には父親と共にメルセデス・ウニモグでパリ・ダカール・ラリーに参戦し、トラック・カテゴリーで優勝を飾った。

BMW M GmbHに5年間在籍した後、1989年にポルシェに入社。レースプログラムのマネジメント業務に携わると、1996年に執行委員としてザウバー・ペトロナス・エンジニアリングに移籍した。

2001年にはフォードに入社。欧州フォードのモータースポーツ・ディレクターとしてフォーミュラ・フォードからジョーダンF1、更には世界ラリー選手権(WRC)など、さまざまなカテゴリーで活躍。2006年と2007年にはWRCのマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得し、大きな成功を収めた。

2012年にはモータースポーツ・ディレクターとしてフォルクスワーゲンに移り、4年間に渡ってWRCでダブルタイトルを連覇し、フォード時代以上の大成功を収めた。早々にマクラーレンを離れた後は2016年にフォルクスワーゲンR GmbHで責任者を務め、今回ウィリアムズでF1にカムバックする事となった。